メタボンの行きあたりばったり

昨年定年退職しましたメタボンです。毒を吐きます。

ok.あなたは悪くない

小さなお知らせ・ブログ名を「メタボンの行きあたりばったり」に変更しました

仕事をしていたころ、パソコンを使う事が 必須でした。 機会に弱い私、不都合が起こると 手も足もでません。 そんな時は、業者さんに依頼していまいした。 その業者さんは、車で一時間かけて やってきました。 小太りで、ヘヤースタイルは時代おくれ 余計な…

僧侶のために雪かきしたのに、そう、そこに車停めてきたのですね。

月命日。 故人の亡くなった日に、僧侶が 読経をあげに来る日。 毎月ある。 準備は ●仏壇の掃除 ●お供えする花(控えめな色の花を選ぶ 根元をまとめ、上から見てひし形が良い 生け花の投げ入れとは違うので注意) ●お供え用の和菓子6個 ●僧侶のお茶菓子(通…

雪どけを待つ女

雪が積もり始め 気温がぐっと下がった4日前 我が家にやって来た水道管凍結。 水道管凍結第1日目 水道関連業者さんに電話する。 「雪が解けないとどうにもならん」との返答。 了解です、恒例ですから何とかなる。 例年、翌日には自然解消する。 蛇口から水…

妄想好きなあなたに紹介します、パンクブーブー

ハンサムの代名詞、フランス人俳優アラン・ドロン 主な作品「太陽がいっぱい」 ストーリー 貧しい青年トム(アラン)と富豪のフィリップは友人同士。 船遊びに出かける。 船上で、トムは自分を見下すフィリップを殺害する。 死体をロープで縛り、海に捨てる…

同じ時代を生きている

美容院で、サイドテーブルに置かれた雑誌。 一冊を手に取り、ページをめくる。 近藤真彦の記事が載っている。 Ⅰページ使い、現在の全身姿、赤いジャケットを着ている。 53歳になった記されている。 あの、鼻たれ小僧が。 (若いわ!、とても53に見えない…

紅白歌合戦、高橋君って本当はどんな人?

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」 主演:有村架純(介護福祉士、杉原 音役) 高良健吾 (引っ越し屋、曽田 錬役) 貧しくても、誠実に生きる若者たちのヒューマンドラマ 高橋一生演じるサビキジョウジは、錬の勤務先の先輩 精神破綻者の役だ …

今日面白かった事、気がかりな事。

久々に掃除機をかけていた10時。 固定電話が鳴った。 120〇〇〇・・見慣れない番号が表示されている。 家に居ると変な電話が電話がかかってくることに気づく。 例えば「健康酢のサービスです。郵便箱に入れておきますので 良かったら飲んで下さい」 (…

カナダからの手紙と菓子、あんた金持ちやろっ、貴金属くれや。

カナダに住む親せき(お婆ちゃんの妹の子)から、荷物がきた。 中身これ。 みんなから「のりこさん」と呼ばれている。 埼玉県人だが、通訳していいた頃に知り合ったイギリス人の 夫ともにカナダに住んでいる。 噂だが日本人相手の毛皮商を営んでいたとか、最…

背後霊が写っている  --ーー集合写真ーー

前回の写真の続き。 カメラ屋さんの努力で全員集合写真の中に従兄の 姿を入れてもらった。 出来上がりA4サイズ! 86歳のばばぁの葬儀記念写真にしては、でかすぎないか? 引き伸ばしで画像荒いし、みんな、いらないって言うよ。 アルバムにも入らない。 …

町のカメラ屋さん、それで食っていけるんですか

若い頃はよく写真を撮った。 友達と一緒に「はい、チーズ」。 若いから、いろんな事が楽しかった。 若いから、初体験も色々あった。 年を取るにつれ、写真を撮るのも映されるのも億劫になった。 旅行も食べ物も、イベントも、だいたい知っている。 あまり感…

頭の弱い女が石油ファンヒーターを買う時、使う時

母ちゃんは、寒い時期に死ぬ、そう思っていた11月末日。 家は築100年。 冬になると隙間風が凄い。 戸が鳴るんだ、ガタガタ、バッターン! 茶の間は12畳、仏間12畳、座敷12畳×2部屋、玄関8畳くらい。 (これは自慢ではなく、昔は家で結婚式、葬…

喪服を買いました。

昨日、いつものガソリンスタンドから電話がありました。 先日、タイヤ交換終わったばかり、何の様かな? 「〇〇さん、車のトランクにナットウ入ってませんか?」 テキパキ動く元気な女性スタッフの声です。 (納豆・・?) 「トヨタのナットが残ってまして、…

大野商事経営「成田~カナダ間直行便」試験飛行 第3話

「うち、英語苦手なんでけど、務まりますやろか?、」豆ふく。 「それは、私も同じです。でも女将さん、ゆうてはったやろ おおきに、おおきに言うて歩くだけでいいですぅって」豆小町。 「なんか聞いてきたらどないしょう」豆ふく。 「そんな時は、笑とれば…

大野商事経営「成田~カナダ間直行便」試験飛行 第2話

国際線機長、越後屋 卓(卓と書いてスグルと呼ぶ)36歳 車掌オタクを公表しているため、オタクのタクをとって 周囲から「たっ君」と呼ばれ、愛されている人物だ。 「もしもし、父ちゃん、オレオレ」 「オレオレ?、警察呼ぶぞ」 「何言っているんだよ、ス…

大野商事経営「成田カナダ間直行便」試験飛行  一話

日本政府は、財政赤字を補填するための策に苦悩している。 3年後には、東京オリンピックが予定されている。 島国の日本、英語が喋れず、外人を見れば逃げる。 恥じることはないのだ、伝統文化と最先端技術を持っている。 オリンピックで素晴らしい国だと評…

取り扱い注意!その男、毒を吐く

今日はいつもの美容院に出かけた。 白髪染めに月一回は通う私は、お店から「ゴールドカード」扱いされる。 割引してくれる、スタッフは親切丁寧。 居心地の良い所だ。 シャンプー後、顔が幾分引き締まる。 若い男の子は、頭皮マッサージををしながらその効果…

成田空港で見たのは、レオ様、またはそっくりさん?

こんな子が隣に引っ越ししてきたら、毎日散歩するね。 だいたい、外人は犬が好きだから仲良しになれるかも。 お金払うから、英語教えてって言うね。 ゴメンゴメン、なんか気にくわない? (骨格綺麗、口元チャーミング、思春期の美貌、良いね) (そんな悲し…

現金下さい、または満タンで払いますって言ったことありませんか?

ガソリンスタンド。 最近はどこもセルフだ。 私はセルフが苦手だ。 機械に弱いし、3本のホースから、ガソリンを正しく選べるのか 給油口にさしたあと、こぼさないか、こぼさずに取り出せるのか 自信がないからだ。 あの色わけどこも同じなのかな? 「あっ、…

絶妙のタイミング、慌てふためく男と息を呑む女達

女は食べること、喋る事、買う事が大好きだ。 これは、慰安旅行で三つとも叶えられる。 場所はよく覚えていないが職場の慰安旅行に参加した。 あらかじめ、仲良しさんを誘っているから最高に楽しい。 広い駐車場に観光バスは止まっていた。 席は自由だ。 老…

科捜研の女、おんなってつけなくても良いとおもうけど

榊マリコ扮する娯楽テレビ、「科捜研の女」が好きだ。 舞台は京都府警科学捜査研究所。 主演:沢口靖子。法医学研究員だ。 お決まりの殺人事件が始まる。 科捜研の所員達が、現場に残された血痕、下足痕、 指紋、凶器、音声、遺体の解剖、ご遺体の付着物。 …

車がないと生活できないんです。

23歳で自動車の免許証を取った。 教習所に行った初日は模型のハンドルを回す練習をした。 すぐに、実際に車を走らせる練習に入った。 手に汗を握り、教習所内を運転した。 教官は厳しい人もいたが、ハンサムな人もいた。 楽しかった。 一緒に教習所に通う5…

個人情報モレモレ、コンビニのカウンターで。

小さい田舎町だけど、コンビニが4店舗ある。 夜7時には、商店街は電気を消す。 歩く者は寝たきりい以外の高齢者。 おにぎりなんて作るもので、買うという観念がない。 まして水なんて蛇口ひねればどんだけでも出てくる。 小さい子供さんのお菓子は、スーパ…

姉を紹介します。

12時まで寝てしまいました。 食パン2枚食べ、コーヒーを飲み、テレビを見て 台所にあった愛犬のウンコを片付けていました。 インターホンが鳴ったのは14時。 姉です。 愛犬は姉が大好き。 いじって欲しくて、姉につきまとっています。 姉の用事①我が家…

長く生きているけど謎が多い。国会図書館の職員の給料について。

今日もダラダラして過ごした。 靴下が破けていて、親指が出ていたが放置。 そのまま靴下履いていたら、隣の指まででてきた。 (こんにちわ) NHK「ジモンのギモン」を漫然と見ていた。 国会図書館の紹介だった。 国会図書館が街の図書館と違うのは、本の…

「歩きにくくないですか、そのクツ」慰安旅行東京

今回の慰安旅行は東京。 集合場所は空港。 20人程の職員が参加する。 事務職員が引率する。 10時頃、スーツケースを押しながら みんなぽつり、ぽつり集まってくる。 集合場所で仲良しのKちゃん、Mちゃんがいる。 Kちゃんが言う。 「見て見て、今日の…

「それってひどくないですか」 沖縄慰安旅行

慰安旅行の目的として親睦を深めるという事があげられる。 集合場所は空港。行先は沖縄。 ダラダラと旅行の参加者たちが集まってくる。 男子は,色はぱっとしないが、よく見ると、ベルトがお洒落 だったり、シャツが新調だったり、靴が磨きこんであったり 薄…

充実してる?って聞かれたら、それなりにって答える

朝5時に目が覚める。 録画していた「ボーダー:贖罪」を見る。 主演小栗 旬。 (小栗 旬、シュンって誰が考えたんかな。 たたずまいが良い。声が良い。何着てもお洒落に見える。 肩の力を抜いた演技、重厚。) 二時間飽きずに見た。 気持ち良くなり、また寝…

続:走る男の謎を80%解いた

午後3時過ぎ、町の美容院に向かって車を走らせていた。 見つけた! 走る男! 前方のトンネル近くを走っている。 トンネルは車用と歩行用の二つがある。 私は車用のトンネルを過ぎた道沿いの広場に車を止めた。 歩行用のトンネルからでてくる男を待ち伏せた…

走る男

7月ごろから県道を走る男を見かけるようになった。 男は40代頃。 やや小太り。 苦し気な顔をして走っている。 私の村でも見かけるし、隣村でも見かける。町に行く時も見かける。 田舎道をおそらく16キロは走っていると思われる。 見かける時間帯は午後…

窓にしがみつく女

9時 自堕落な私の起床時間。 トイレに行く途中、窓に人の頭が見える。 しばらく事の次第がのみこめず立ちすくむ私。 子供か? どこの子や? こどもはじたばたと動いている。 ピンク色の服が揺れている。 近くによると、姉だった。 「何しとるん?」 「鍵か…