メタボののらりくらり日記

こんにちは、メタボです。3月31日に定年退職しました。今のところ太っているだけで健康ですが、いつ、何がおこるかわからないですよね。そこで日々の事柄を記録しようとブログはじめました。よろしくお願いします。

木が金に変わる

今は亡き父ちゃんが大事に大事に育てた山。

 

ごめんね、管理できないから、ちゃっちゃっと、木切って

金にかえとる。

 

f:id:s-dai101030:20171012230014p:plain  →                  f:id:s-dai101030:20171012225718j:plain

 

昔と違って、今は木の需要が減り、値打ちが落ちているって

いっても売ればボーナス分ほどの金が入る。

 

木材市場から送ってくる明細書の見方がわからないもんで

今日、姉と二人で事務所に行ってきた。

f:id:s-dai101030:20171012234320j:plain

 

応対してくれた人、親切にいろいろ教えてくれる。

f:id:s-dai101030:20171012214026p:plain

 

 

 

木を売る流れーーーー

① 山から木を切り出す業者さんは、私達が選ぶ。

f:id:s-dai101030:20171012225220p:plain信頼できる人がいいね、山でなにされているか

わからないからね。

切って良い木と、だめな木とを解る人でないとね。

「やべえ、足まで切った」なんて怪我されても困るしね。

 

木は4mに裁断され、トラックに積み、市場に出荷する。

f:id:s-dai101030:20171012225130p:plainf:id:s-dai101030:20171013000422p:plain

 

ここまでが①段階なんだけど業者さんに支払う料金は40万ちょっと。・

 

②市が開催される日は県外からも買い手がやってくる。

オークション的な感じで値が決まるらしい。

f:id:s-dai101030:20171012225157p:plain

木は乾燥していないとダメ。また、太すぎても、細すぎてもダメ。

腐っているのももちろんダメ。

売れ残るとチップなんかにして処理されるらしい。

 

②の段階のお世話をしてくれる木材センターへの支払い金は      10万ちょっと。

 

③我が家へ、売り上げが振り込まれる。

高い値がつく良い木でないと、お金にならない。

 

ーーーー

父ちゃん、ありがとね、良い木に育ててくれて。

ーーーー

 

事務所をでた私達は晴れ晴れとした感じでランチした。

f:id:s-dai101030:20171012213627p:plainここは、蔵をリメークしたお店。

f:id:s-dai101030:20171012213756j:plain 解る人には解る建造物。

f:id:s-dai101030:20171012213933j:plain 布を裂いて作るタペストリー。

好きなんだな、こういう雰囲気。

 

姉に「サンドイッチマン」面白いからYoutubeで見るよう話しけど

あの人、見ないな、きっと。

お笑いわからん人やから。

ーーーーー

 

 帰宅して大の散歩に行く。

今日も柿を盗む予定だったが、あるじが居た。

 

あるじは最近、母親の葬式をあげた人だったので(家もちかじかあげるかもしれないから準備しよう)挨拶してお話をしていた。

 

話題を柿にすると、袋に入れてくれて「散歩の時、取っていっていいよ」とまで言ってくれた。

f:id:s-dai101030:20171012221000p:plain

(すみません、前から盗ってたよ)