メタボののらりくらり日記

こんにちは、メタボです。3月31日に定年退職しました。今のところ太っているだけで健康ですが、いつ、何がおこるかわからないですよね。そこで日々の事柄を記録しようとブログはじめました。よろしくお願いします。

チンネンと打ち合わせ、ぶどう試食し、野花を摘み

大ちゃんと散歩。

 

山に上がる坂道に同級生のチンネン(あだな)

を見つけ声かけた。

チンネンはぶどうハウスの爺さんと立ち話をしていた。

 

f:id:s-dai101030:20171015203539p:plain

爺さんは気を利かしたのかノロノロを場を離れていった。

 

「〇〇(同級生の女友達)と最近ごはん食べたんや。

同窓会でもしたいねって話してたんや」

 

私、〇〇、チンネンは小学校が同じ。

 

小学校には4つの村の子供たちが通っていた。

一学年20人ほどの小さい学校。

のんびりしていた時代だった。

 

理科の時間は学校近くの海で貝ほり。

昼は鼻たらし、おさがりの服を着て、ドッジボールした。

また、学校は山に囲まれていたので、雑木林のなかを走り、草や山いちごを食べた。

 

金持ちの女のが、当時上等と言われていたグンゼのパンツを履いて

木に登るのを下から眺め、うらやましいなあって思った。

 

ゴム靴を履いているのが普通ななか、転校生や金持ちの子は革靴だった。

 

冬は田んぼが凍るのでいまでいうスケートをした。

もちろん、氷は溶けていたりするから、足を田んぼに突っ込み

泥だらけになる子もいた。

大雪が降ると雪を積み上げ固め、長靴の底でピカピカにして

コケてた。

屋根からぶらさがるツララは、私達のおやつだった。

 

私のクラスは男子は13人いるのに、女子は4人と少く

班に分かれると、女子一人づつになるので、嫌だったな。

 

給食がまた苦痛で、好き嫌いがあったから。

食べるまで居残りさせられて。

 

私の村は学校から遠いためバス通学だったけど、土曜日はみんなで遊びながら歩いて帰った。

 

車も今ほど走っていなくて、観光バスや汽車が通ると、みんなで

手を振ってた。

時折、バスの窓から菓子を投げてくれるので、拾って食べた。

 

帰り道に、犬がいる家の前は走って逃げた。

 

お小遣い制度は我が家ではなかったが、母ちゃんの実家の祭りに

行くと、爺がお金をくれる。

それで駄菓子屋でせんべいを買って食べた。

 

駄菓子屋以外にラーメンをだす店があったが、注文したら

インスタントラーメンだされて、子供ながら驚いた。

 

時は流れ、私達も定年を迎え、久々、同じ小学校で学んだ者だけで会おうかって

話になった。

 

チンネンはお世話係。

散らばっている同級生の居場所を知っている。

なぜならチンネンは郵便局で働いていたため、毎年、年賀状を同級生に買ってもらっていたから。

 

ーーーー

チンネンと別れ、私はブドウハウスに向かった。

 

爺さんがいれば、適当なことをしゃべって、頂いていこうと決意していた。

爺さんはいなかった。

 

f:id:s-dai101030:20171015203510p:plain 一粒つまみ食べてみた。

甘いぜよ。

 

これからは爺さんの姿を探しながら散歩をしなければならない。

ひと房ゲットするために。

 

畑への道を歩きながら、途中、猫を飼っている家を覗きに行った。

残念、猫いない。

 

野草を摘み、家で活けた。

 

f:id:s-dai101030:20171015203252j:plain

 

ーーーこんなゆるーい日を過ごしたーー