メタボののらりくらり日記

こんにちは、メタボです。3月31日に定年退職しました。今のところ太っているだけで健康ですが、いつ、何がおこるかわからないですよね。そこで日々の事柄を記録しようとブログはじめました。よろしくお願いします。

かりん初めて見ました。木をゆすって落ちてきたのを頂戴しました。

今日はお友達と焼肉です。

 

お店の横にラフランスみたいな実がなる木を発見。

 

店にはいると笑顔のオーナーが席に案内してくれます。

 

「あのー、外に黄色い実がなってたけどなんですか?」

「カリンです」

「食べられるんですか?」

「生ではちょっと・・。カリン酒にするとか、あと

臭い消しになるようで、私も車に乗せています」

 

臭い消し。

欲しいな。

家くさいから。

玄関においても良さげ。

 

「ちょっともらえますか?」

「どうぞ、どうぞ」

 

嬉しい、ワクワクしてきた。

 

4人でサラダ、豚バラ、軟骨、牛、野菜、白飯

ウーロン茶など注文。

 

私はチンネンが連絡してこなかったので、同窓会ないかと

思っていたら夜7時に「集まっとるけど、来ないんか?」

と電話があったことを喋る。

ひと騒ぎしてから、「ねえ、〇〇君死んだん知っとる?」て

話題は深刻。

「なんで?病気?」

「しんどかったから病院行ったけど、様子見ようって

言われたらしいよ」

「若いよね子供さん、いくつ?」

「もう、大きいよ。・・でも奥さん、何年か前に死んどるわ」

「ショックやね、年金もらえられんでねぇ」

「通夜行ってきた?」

「案内こんかったわ、私のとこ・・」

 

私の同級生達はぽつり、ぽつり死んでいる。

 

そんな年齢なんだと思いつつ、店をでる。

 

みんな、オーナーからレジ袋もらっている。

f:id:s-dai101030:20171106004555p:plain

 

木を揺さぶるのは、デブの私の係。

簡単に実は落ちてくる。

それぞれ、欲しいだけ袋に詰める。

f:id:s-dai101030:20171106004920j:plain

かりんは中国原産、バラ科の落葉樹になる果実。

古くから薬用として用いられている。

生では渋くて食べれない。

香りを楽しむ、薬用成分として利用するような

使い方をする。

かりんの最大の特徴は独特の芳しい香り。

のど飴やかりん酒として加工に用いられている。

ジャムにすれば便秘予防になる。