メタボンの行きあたりばったり

昨年定年退職しましたメタボンです。毒を吐きます。

さあ、愚痴るわよ

良い医者ってどこにいるのかしら?

 

背中や首のこりに苦戦し

若干、鬱ぎみ

クリニックを三軒まわった

 

どの医者にも納得がいかなかった

 

Nペインクリニックでは

驚いた事に診察室がなかった

 

他の患者さんと同じように

並んだベッドの一つに寝かされ

治療の事前説明もなく、いきなり

電気を当てられ、痛みどめの注射をされた

 

今振り返ると、こりは結局のところ

私の場合、運動不足による血流障害らしいから

治療的には当たっていたかもしれないが・・

 

充分な説明がないのに腹が立った

他の患者さんが聞いているのに

私の名前を連呼した配慮のなさが気にいらない

 

次、H整形外科クリニック

首のレントゲンは撮ってくれたけど

 

ここの医者は私の顔をろくに見なかった

やりとりをパソコンに入力するのを優先した

 

そもそも触診さえしなかった!最低!

 

「痛み止めと湿布だしますから」って

 

患者の人格を無視している

患者を正面から見ることを知らない医者は

災害現場では役立たずだきっと

 

三軒目、K整形外科クリニック

患者が多い人気クリニック

 

問診票に正直に三軒目ですと記載した

どこでも治らない、

ここに期待してますっていう意味で

 

しかし医者は私が診察室に入った瞬間

私の後方、柱時計を見上げた

 

もう時間は昼前くらいだったから

終わらない診察にうんざりした無意識の行為だと思う

机の上には携帯が置いてあったけど

 

私は心が萎えた

 

語気の荒い口調も

いささか乱暴な触診に対しても

もはやどうでもいいと思った

 

医者は三軒目ということで

気分を害したようだ

「ま、リハビリしてって」と

 

リハビリ室に案内され、こりほぐし体操を指導されたが

教える職員も習う私もやる気がない

 

悲しいのは受付で支払いを済ませた時に

診察券を発行してくれなかったこと

再診なし、もう来るなってことですね

 

 

 

誰も私のつらさに同情してくれない

 

私の話に耳を傾けてくれない

納得のいく説明がなされない

 

医療者側は一方的だ、自分のやりたいようにやっている

患者数をこなして儲けようとしている

 

もし私が地元の著名人だったら態度が変わるのかしら?

 

 

どこを受診しても誠意を感じられなかった

 

ただのこりではなく、筋肉の難病だったらどうするんだ!

 

 

 

まっ、いいか

完璧を求めないこと

 

 

自分なりに考えて

できることを一つづつ実行している

 

寝具類を買い変えて

今日はプールで泳いで来た

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

患者(私)をなめるんじゃない

昨年末から続いている背中や首のこりが

ひどくてまいっている

 

背中に鉛がしがみついているいるようで

身体も重いけど、気も沈む

 

家事も断捨離も犬の散歩も鬱陶しい

春なので庭の手入れもしたいのだけれど

 

たかがこり、されどこりにとりつかれ

みけんにしわ寄せて、一日を送っている

 

明報があった

ある日、愛犬の散歩中に畑仕事をしている

同級生T君と出会った

私がこりが辛くて不調なんだと話すと

彼はあるペインクリニックを紹介してくれた

 

T君「腰痛がひどくてどこにみてもらっても

治らなかったけど、そのペインクリニックに

通うようになってから救われた」

 

T君は頭の良い、真面目な子だ

彼が言うんだから間違いないだろう 

 

3日後、T君が通うペインクリニックに

出かけた

 

大通りから路地に入ると古ぼけたビルがあり

めざす〇〇ペインクリニックの看板があった

 

玄関が暗い

 

「〇〇ペインクリニックは2階です」と

ポスターが貼ってある

院長と思われる中年男性の写真が乗っていて

吹き出しに「エレベーターをお使い下さい」と

 

暗い1階から古いエレベータで2階に

上がる

待合室は大勢の老人でいっぱいだった

 

看護師が問診書を持って来て

何処が痛むのか、持病は何があり、どんな薬を

飲んでいるか聞き取りを始める

 

そして誰の紹介でここを知ったかと聞いてくる

そんなん治療に関係ある?

紹介者へのポイントっすか?

それが最初に感じた不信感だった

 

一時間待ちしてやっと名を呼ばれた

 

診察室に案内されるのかと思ったら

カーテンで囲んである簡易ベッドに誘導された

 

診察室は?

レントゲンとか撮らないのかな?

検査は?

またまた不信感がつのる

 

ベッドが数台並んでいて

医師と思われる男性の声が患者さんと

思われる方とやり取りしているのが

聞こえる

 

頭上から、私の名を呼ぶ声が聞こえた

医者らしきオレンジ色の術衣を着た男性が

入って来た

 

「こるってここですか?」

首の後ろや背中を触ってくる

 

そして側にいる看護師に

電気を当ててと指示している

 

流れがわからないまま

背中に吸盤を当てられ

その吸盤からでてくる刺激に戸惑った

 

10分後、先ほどの医者らしき人物が

「首に痛み止めしますよ」と声かけてきた

 

「痛み止めって、何ですか?!」

「局所麻酔、大丈夫ですよ」

 

はなから背部のこりというのりで

治療が優先し

詳しい説明がなかった

 

看護師さんに次回の診療日を予約され

追い出されるように治療室を後にした

 

変なクリニックだ

民間の施術所と変わらない

 

説明不足だし

こりだと裏付けるための検査がない

 

プライバシーの保護がない

 

他の患者さんが聞いているのに

私の名を呼び、服を脱いでとか

うつ伏せになってとか

 

市場のマグロのようにベッド上に

並ばされた

 

笑うほど怪しげなクリニックだ

 

医師免許もってるのか?

大学で何を学んできたんだ

おまえの診断は正しいのか!

血圧くらい測れよ

 

おかしいけど、次こそしっかり説明してくれるだろう

 

予約した再診日、受付に診察券を出すと

「いらないです、持っててください」

後ろを振り向いて奥のスタッフに言う

「メタボンさん、来ました」

 

診察券をいらないないなんて初めてだ

本人かどうか確認しないのか?

 

カルテに正しく記録してんのか?

またまたまた不信感

 

そして並ぶベッドに案内された

服を脱いでうつ伏せで待機して下さいと、

この前と同じ流れやん!

 

愛想よさげに医者が患者たちに話かけしている声や

それぞれのカーテンを開ける音が聞こえる

 

医者は今日はグリーンの術衣を着ている

センス悪い

 

私の所のカーテンを開けると

「こる以外に症状ないですか」と聞いてくる

 

看護師に(看護師じゃないかもしれない・・)

電気を当てる場所を指示し出ていった

10分後に戻って来て、背中に痛み止めを

6本程打って出て行った

これで今日も終わるらしい

 

この前とおんなじやん!

 

田舎では医者におまかせしますという主体性のない

患者がいまだに多い

医者もまた自身の病気経験がないのか

患者の思いに気が付かない方が多い

 

納得できない!

診察室がない

診断を裏付ける検査がない

勝手に治療する

患者の同意を得ない!

 

カーテンを出てから周囲を見渡す

小さい体育館みたいだ

数台並ぶベッドと電気器具

 

出口近くのテーブルで

医者がなにか書いている

私はそこで立ち止まる

 

「先生、ちょっといいですか?」

「なんですか」

「私はこりなんですか」

「そうでしょうね」

「治療内容とその目的を教えて下さい」

 

数人の看護師たちが私を見ている

 

「〇〇〇、代謝が悪い、〇〇〇・・」

悔しいけど

医者の説明がわからない

 

「運動すれば良くなりますか?」

「して良い時と悪い時がありますね」

 

私は馬鹿だ

医者の説明がわからない

ネットで予習してくるべきだった

 

医者をこらしめてやりたかったが

こりについて知識不足だったので

反抗は失敗に終わった

 

もうあのペインクリニックには行かない

 

あそこのトイレ汚いんだって

そこんちの教育水準は水回りをチェックすれば

わかる

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夢中になるものにやっと出会えた

f:id:s-dai101030:20190304214924j:plain

ただいま、人気上昇中の多肉植物

ずぼらさんでも簡単に育てられるらしい

 

葉や茎に水分を貯留している性質上、

水やりは月に1~2回ほどで良いらしい

 

繁殖力はただごとではないらしく

例えば、取れた葉っぱをほったらかしていても

葉から根がでてきて、また大きくなるって

ホントカナ?

 

ちょんぎった頭を土に埋めとくと

根が出て大きくなるって、

ホントカナ?

 

メルカリでは葉っぱやカット苗、ぬき苗が

商品として取引されている

 

ーーーー

 

私はただいま多肉植物にはまっている

始まりは・・・・

職場から退職記念として頂いた多肉植物

(タニクという言葉さえ知らなかった)

f:id:s-dai101030:20190304204811j:plain

 

特に関心もなく

軒先に放置していた

 

冬のある日

軒先の多肉をのぞいてみると

元気がない!

首が垂れていた!

 

人間でいうと凍傷にやられ

危篤状態っていう感じ

 

慌てて家の中に入れ

枯れている部分をひきちぎり

新に用意した土と鉢に入れ替えた

 

経過を観察するため目につきやすい炬燵脇に

置いた

 

f:id:s-dai101030:20190304204606j:plain

祈りむなしく日に日に枯れて逝く

様子を見るのは心痛かった

 

手遅れだったけど、youtube多肉植物の育て方を

見るようになった

 

そこで多肉植物の管理方法を学び

エキゾチックで愛らしい多肉植物の世界に

魅了されていった

 

どうでもいいけど動画の登場人物で

鼻息がスーピー、スーピーと鳴る方が

おりまして、

この方が出てくると、チャンネル変更してた

また、舌ったらずな喋りをする女も

寒気がする

 

自分でもやってやろうと

ちぎれた葉を並べて観察している

三か月程で根が生えてくるらしい

 

f:id:s-dai101030:20190304204826j:plain

(死んでいる気がするけど・・)

 

 

メルカリで育てやすいぬき苗を購入する

f:id:s-dai101030:20190304204827j:plain

 

もっと欲しくなる

もっと楽しみたい

華やかにしたい

 

カット苗の詰め合わせをメルカリで購入する

f:id:s-dai101030:20190304204529j:plain

おかずのパックに入れて送られてくる

 

 

 

f:id:s-dai101030:20190304204832j:plain

小さいので箸につまんで土に植える

夏ごろには根が出てくるかしら?

 

 

暇なんで

毎日、メルカリで

素敵な多肉はないかなとチェックする

 

私は細々と出品しているので売上金があり

欲しい物は売上金から払い、購入している

 

特に、この桜吹雪が好きだ

f:id:s-dai101030:20190304204543j:plain

和菓子みたいで綺麗!

 

 

さまざまな色の植物を並べたいけど

鉢も購入となると

無職モンには贅沢な趣味になってしまう

 

多肉植物は小さいから鉢も小さいので良い

我が家には腐るほど食器がある

 

食器に穴を開ければ

鉢として使えるのでは?

 

検索すると

同じことを考える人がいて

ドライバーで陶器茶碗に穴を開けていた

 

自慢じゃないけど、私は機械が苦手だ

ミシンは使えない

10年以上乗っている愛車のバックシートが

倒せるのかどうかも知らない

石油ファンヒーターに入れるのは

石油なんだと思っていたくらいだ

取り扱い説明書が苦手

 

でもドライバーが欲しい

手に持った事もないけど

 

メルカリでドライバーを見ていても

使いこなせるかわからない

そこで大型スーパーに出かけた

 

陶器に穴を開けたいと店員に話すと

「何する気ですか」と不審がられた

 

「そういう使い方する人いませんよ」と

言いながらも

店員が勧めてくれたのが

DIY用のドライバー4600円

 

とりあえず

取り扱い説明書を読んで

ドライバーを持ち慣らした

 

そして

プラスチックのコップに

穴を開ける事ができた!

 

f:id:s-dai101030:20190304204721j:plain

 

この穴あきコップは

明日到着予定の

桜吹雪用に使う予定だ

 

f:id:s-dai101030:20190304204642j:plain

 夢中になれて楽しい

 

おかげで

ドライバーも使えるようになった

 

夢中になると人は変われる

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怪我をしている野生の狸は、山に帰る

 

f:id:s-dai101030:20190228222950j:plain

愛犬は右利きだ

 

「俺と遊べ」と言わんばかりに

炬燵で寝転んでいる私の顔を

右手ではたいてくる

 

口にくわえているカエルのおもちゃを

ぽとりと落とし、じっと私を見る

 

カエルを放り投げてやると

身体をはずませカエルが落ちている所まで

走り、くわえて、駆け戻って来る

 

愛犬を溺愛している

 

我が家の前は道路があり

車の往来はけっこう激しい

 

玄関を出て、道路を横断して、村の中心部まで歩き

山や田畑をまわり、そして

道路を横断して玄関に入るというのが

いつもの散歩コースだ

 

愛犬がはしゃいで歩く姿が

可愛くてたまらない

 

 

いつものように玄関から外に出た

いつもなら私の先頭を行く愛犬が

玄関近くの側溝を見つめ動かない

 

何気に側溝を覗くと

暗闇に光る二つの目

珍客だ

 

スマホをかざしても動かない

こちらをじっと見ている

 

愛犬を急かして

散歩に出かける

 

 

帰宅して、側溝を覗くと珍客は同じ場所にいる

動かない

f:id:s-dai101030:20190228223005j:plain

動けないんだ!

どこか具合が悪いんだ

 

ネコでも犬でもないのが分かる

山に住む野生動物だろう

 

水だけでもあげようか?

手をだしたら面倒を見る事になるかも

しれない

 

動物を飼うのは覚悟がいる

 

水と食料を与え

排泄の後かたずけを行い

遊ぶ場所を確保し

病気になれば病院通いをし

死ぬまでお世話しなければならない

 

人間の子を育てるのと同じくらいの

お金と時間がかかり、愛情が行きかう

 

暗闇に光る二つの目は動かない

近寄って見ていると

愛犬の面影に似ている

f:id:s-dai101030:20190208175146j:plain

 

 

役場に電話した

下手に手を出してはいけない

 

役場職員が我が家に軽トラで

やって来た

 

長靴と頑丈そうな手袋を身につけた

若モンとオジサンだ

棒と金網で作られた檻を持っている

 

「面倒だね、生きているね」と言う

 

側溝の上は道路から我が家に続く小さい橋が

かかっている

 

オジサンが橋の右から棒でつついて

珍客が左から出てくるところを若いモンが

待ち伏せ、捕獲するらしい

 

だけど持参してきた檻はでかすぎて

側溝には置けない

手で捕獲するのかしら?

 

しかもオジサンの持つ棒は小さすぎて

珍客の所まで届かないようだ

まぬけな二人だ

 

我が家の納屋には農機具や魚とり、木材

大工道具がある

 

オジサンを納屋に案内すると

長い棒を選んできた

どんだけ棒が好きなんだ

 

若いモンには網を貸してやった

 

オジサンも若いモンも動作が鈍い

うららかな昼下がり

いったんは網に引っかかったが

 

 

f:id:s-dai101030:20190228223056j:plain

お前、素人か!

珍客は網を抜け出し、側溝に逃げ帰った

 

後ろ脚か前脚かわからないけど

関節が一本ブラブラしている

たぶん、骨折していると思う

 

「捕まえたら保護するんですか?」

「いや、山に放す」

 

「獣医さんに診せないんですか?」

「自然の生き物は自然にしとかないといけないんです」

「でも死んでしまいますよ、骨折れてます」

 

行政の決まりなのかもしれない

 

食料を探して山から降りて来て

車に接触したんだろう

 

骨折が治る前に

この子は他の獣に襲われるだろう

あるいは餓死だ

 

いずれにしろ生きることは無理だ

 

悲しいけど

私は助けられない

 

この子は側溝の中を逃げながら

悲鳴をあげない

声を発しない

それほどまでに衰弱してるのだろうか

 

 

一時間も経っただろうか

納屋にあった洗濯ネットで捕獲された

f:id:s-dai101030:20190228223137j:plain

 

「大人の狸だね」と職員が教えてくれた

 

狸のこんもりした腰のあたりが

愛犬に似ている

 

大事にされている室内犬

怪我をしても山に返される狸

 

洗濯ネットに付いていた血

さようなら

f:id:s-dai101030:20190228223120j:plain

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

女はいくつになっても若く見られたい

f:id:s-dai101030:20190217152847j:plain

一年ぶりに映画館で映画を見てきた

「七つの会議」主演;野村萬斎

面白さ70点

 

役者が揃いすぎていてるのが

いささか鬱陶しかった

 

 

場所はイオンモール

自宅から車で一時間かかるショッピングセンターだ

 

ここはディズニーランドのように思える

お洒落な雑貨、流行りの服、人気のスニーカー

キッチン道具、世界のスパイス、電化製品

 

村では手に入らない品々が並んでいて

歩いているだけで楽しい

 

休憩コーナーの椅子に所在なげな様子の

お爺さんたちを見かける

 

老人にはキョウイクが大事だと聞いた事がある

今日行くところ

予定があること

 

誰からも必要とされていない人間には

時間を潰す作業はしんどいことなのだ

 

 

上映時間までにランチする事にした

有名パスタ店だ、味は間違いない

 

・・・おかしいな

サラダが乾燥していて野菜の美味さがない

コンソメスープは塩辛い

酢ジュースは薄めだ

フルーツは缶詰めから出した代物だ

メインのパスタは麺がのびている

 

こんないい加減では

いつか流行らなくなるぞ

経営者さん、現場を視察しなさい

若いモンに任せとくと危険ですよ

 

映画館の入口に

「60歳以上、1100円」と張り紙してある

 

保険証でも提示するのかと思っていたけど

チケット売り場の無表情の若い男性スタッフに

聞かれたのは座席の場所だけだった

 

友人とどこにする?、ここにする?と

言い合っているのを見ている若い男性スタッフは

瞬きさえしない

 

最近、こんな愛想のない子に良く出会う

 

コンビニのレジだったり

飲食店の注文係だったり

 

こっちも忙しそうだからと遠慮して

あまり話しかけないようにしている

 

つまり

自分の付き合うような人間とじゃないと

感知すると

戸を閉ざすってことかな?

働く楽しさって何?

 

若い男性スタッフは私たちに歳を聞かない

2000円払うと900円のお釣りがきた

彼の目は確かだ

 

髪型や着ている服、声、所作、顔のシワ

瞬時に分かったんだろう

60歳以上だって

 

 

でもね

見た目だけで簡単に処理してほしくないな

 

我慢してでも言って欲しかったな

「60歳以上ですか?」

 

耐えて欲しかったな

「免許書、または保険証を提示してもらえますか?」

 

嫌味でも良いよ

「60歳以上ですか?」

 

あっさり切り捨てないで

やりとりしようよ

 

女はね

年齢について敏感なんだよ

老けて見られる56歳だったらどうするんだ!

 

覚えておいて欲しい

実年齢より10歳ほどわかめに言うと

どんな女でも悪い気はしない

 

年齢を当てられたり

老けてるようなことを言うと

女は心が折れる

 

嘘も方便

 

経営者さん

現場を視察しなさい

若いモンが野放しだ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冷凍ブドウをカレーに入れると、ジュウシーで美味い

 

f:id:s-dai101030:20190211170825j:plain

夏に食べ残した冷凍ブドウ

 

常備してあるショウガ

使いきれず、日に日に色悪くなるのが

小さいストレスだった

 

そこで

カレーを作る事にした

 

具材はジャガイモ、人参、玉ねぎ、しめじ、豚バラ

味付けは市販のルウ&ショウガのすりおろし

 

カレーは糖分、蛋白質、脂質、ビタミンが

一度に取れるので有能な料理だと思う

 

手早く動けるよう

具材をカットし、調味料とともにバットに並べて行く

料理の段取りを頭の中で決めていく

 

調理中にでる小さな紙くずや

生ごみをいちいちゴミ箱まで捨てに行くのが

面倒なので調理台にボールを置き

いったんそこにゴミを入れている

 

・・で結局、最後はボールのゴミを

ゴミ箱にあけているのだが

小さいストレスがある

 

ボールではなく、使い捨ての袋があれば

便利なのにと・・

 

先日、youtubeで見つけた新聞紙で作るゴミ箱

さっそく作ってみたところ

案外いけるわこれ

f:id:s-dai101030:20190211170849j:plain

ゴミがたまれば

クシャクシャポイって捨てれて

新聞の再利用ができて

楽しいな

 

 

出来上がったカレーの味が

もっさりしている

 

何か物足りない

 

頭と味覚がフル回転する

必要なのは甘ずっぱいモノだ

 

冷凍庫にあったブドウを思い出す

実を半分にカットして種を取り

カレーに投入

 

 

出来上がり(↓がブドウ)

f:id:s-dai101030:20190211170836j:plain

 

実食

皮つきなので噛み応えがあり

皮つきなので実がちらず

ブドウの甘酸っぱさが美味い

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

 

 

 

 

モロッカンオイル、メルカリなら1000円安く買える事を知った

f:id:s-dai101030:20190208175130j:plain

 

 

 

知名度や値打ちが明確な品はすぐに売れる

 

例えば

たまたま開けた引き出しの奥に往復はがきを

30枚見つけた

出品すると5分で売れた

 

EXILEのTシャツもこれまた

30分で売れた

 

 

さて

髪の手入れは大事だ

髪にはその方の教養と生活態度が現れる

 

お気に入りの美容院がある

こじゃれたインテリアも素敵だが

経営者夫妻の熱くない接客が好きだ

 

けっしてお店に並べている商品を

売りつけようなんて

態度は全くない

客(私)が欲しいと言えば売ってくれるけど

 

 

 

モロッカンオイル

f:id:s-dai101030:20190208175129j:plain

100ml定価4700円くらい

 

流さないトリートメント

バニラムスクの甘い香りがする

 

乾燥して艶がない髪に苦戦する私の強い味方だ

二ヶ月に一回はお店で購入している

 

 

去年、家計簿を真面目に記入した結果

将来もらえるであろう年金の倍の出費で暮らしてきた

ことに愕然とした私にとって

モロッカンオイルは贅沢品だ

 

なにげにメリカリをチェックしてみた

 

いっぱいあった!

 

1000円くらい安いのは当たり前で

商売ではなく、本当に処分したい方の出品だと

3000円で売っていた

 

そこで掘り出し物がでないか

日に幾度もチェックしている

 

もう、美容院で買う事はないと思う

 

 

 

モロッカンオイル

贅沢だからといって

これをカットするのはいかがなものかしら

 

生活苦まるだしに落ちていく気がする

 

ブログランキング・にほんブログ村へ