メタボンの行きあたりばったり

昨年定年退職しましたメタボンです。毒を吐きます。

死ぬなら年末が良い

12月末

東京で暮らす叔母の旦那さんが亡くなられた

旦那さんはやがて90歳だった

 

私は負けん気の強い亡母より妹である叔母の方が好きで

叔母が母親だったらどんなに楽だろうなと思ったりする

 

楽だから叔母とは随分とはしゃいで電話でお喋りをする

 

夏ごろ叔母から旦那の具合が悪いんだよと聞いた

旦那さんは心臓疾患のため早くからペースメーカーを

入れている

 

歩くと呼吸困難になり入院したけど

家に帰りたいと泣くとか・・・

 

退院したけど自宅療養困難のため施設に入れたとか

叔母自身も足腰が悪くてお見舞いに通うのも大変だよとか・・

 

叔母には娘さんが二人いて、どちらかが手伝いしてくれるので

有り難いとか・・・

 

そんな叔母の話を聞きながら、旦那さんは長くないなと

思っていた

 

秋になり叔母にどうしてるのか電話すると

旦那さんは自宅療養するまでに回復し、訪問の医師が良い人で

良かったよと元気な返事をしていた

 

そして年末に旦那さんが亡くなり、一週間後に

通夜葬儀をすると従兄から連絡を受けた

 

従兄はつまり亡母、叔母の実家の跡継ぎであり

私の母方の親戚の取りまとめ役をしている

 

色白で華奢な子だったけど今では随分と落ち着いて

頼もしいオッサンになっている

 

私「え!一週間後って何で?、正月だから?」

従兄「火葬場がいっぱいなんだって」

私「えーー!、都会なのに?」

従兄「胆のう癌だったんだって」

私「え!、心臓でなくて?」

 

従兄の話だと家で旦那さんを看取ったという、電話しても叔母はでず

娘さん達が代わりに応対しているとのこと

きっと叔母はまいっているのだろうな,私は叔母の体調不良を心配した

 

通夜葬儀には叔母の姉弟と従兄が親戚代表として向かった

 

 

葬儀から一週間もたっただろう夜、叔母から電話がかかってきた

案の定、叔母の声はよわよわしく受話器にしっかり耳を当てないと

聞きとれなかった

 

「叔母ちゃん大変だったね、家で看てたんだって?」

「そうだよ、入院は嫌だって泣くんだよ」

 

二人の娘さんがかわりばんこに実家に泊まり込、家族で介護したとのこと

 

「動けないのにオムツは嫌だって言うもんだから、みんなで抱えてさ

トイレさせたんだよ」

 

旦那さんに黄疸がでて、胆のう癌末期と診断され一か月あまりで

亡くなったとか

 

何を食べさせていたのか、点滴でもしてたのかな

やせ細った病人とはいえ、素人が下の世話するのはかなり疲れたと思う

本当に大変だっただろう

 

「訪問の先生や看護師さんが親切でさ、やり方を教えてくれたよ」

 

叔母ひとりでは看れなかっただろう

「叔母ちゃん、やっぱり女の子を生んでて良かったね」

「そうだね、助かったよ」

娘さん達の旦那さん達も仕事帰りに寄ってくれてたらしい

 

「ちょうど冬休みだろ、孫たちも来てさ」

お孫さんは買い出しに行ったり、話相手したり

掃除したり・・できる事をやっていたそうだ

 

年末、散らばっていた家族が家に集まり、旦那(父、お爺)さんを見送った

 

病院で死ぬ方が大半なこのご時世に

家で最後を過ごした旦那さんは家族に何かを残したと私は思う

 

叔母にはやり遂げた感

娘さん達には恩返し感

娘さん達の旦那さん達には息子感

そしてお孫さんには貴重な経験をさせた

 

お孫さんはまだわからないかもしれないけど

将来、きっと看取りの経験が生かされる時がくる

人間の死は尊い

 

「叔母ちゃんご飯食べてる?」

「あまり食べたくないよ、うどんとかきりたんぽとか食べてる」

「きりたんぽ?」

秋田の名産物きりたんぽ

 

食べたことがないと叔母に話すと送ってあげるよと

笑った

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

 

 

 

 

ロールキャベツに旨みがない、ならシーチキンを入れてみよう

f:id:s-dai101030:20200114220916j:plain



今日はハンバーグを作る予定でひき肉を用意していた

横に添える野菜はキャベツ

 

家族はハンバーグが大好きだけど

私はハンバーグ作りが苦手

 

 

美味い肉汁を閉じ込めて焼くという工程で私はいらつく

焦がしたり、半焼けだったり、味がいまいちだったり

毎回、ストレスを感じる

ストレスは避けたいもんだ

 

 

そこでひらめいた

ハンバーグは止め、ロールキャベツに変更

さっそくユーチューブやクラシルを見る

 

基本のロールキャベツでは味付けにケチャップを使っている

 

別の動画ではトマト缶とコンソメを使っている

 

さらに別の方はキャベツを広げそこにひき肉、ミニトマトを乗せ

ミルフィーユ風にアレンジして味付けはコンソメ

 

悩ましい

どれにするか・・・

 

そもそも私はお店でロールキャベツなんて食べたことがない

ロールキャベツという料理名は知っているけど

実は本当のロールキャベツの味を知らないときている

 

でも何とかなるだろう

ひき肉もキャベツもある、トマトもあったはず

作ってみて、それがロールキャベツというものなんだろう

 

初心者だから基本レシピでいきましょう

 

最大の難所であるタネをキャベツで包むのは上手くいった

さぁ煮込むわよ

 

あれあれ、ケチャップが足りない

えーーコンソメも足りない

 

調味料不足で不安もあるがこの舌が教えてくれるはず

「〇〇入れたらイイよ」って

 

味の薄いスープを何回も舌で転がす

 

コショウや塩を振りこんではまた舌で思案する

 

今時のトマトは赤いだけで酸味も甘さもイマイチだけど

ケチャップの代用品として入れては入れては味を確認

 

さてコンソメ不足を補う調味料は何だ?

案外、塩麹か?、ウスターソースか?、すし酢?・・

 

 

まるで一休さんのように思案し閃きを待つ

 

「シーチキンを入れてみよ、まろやかな塩みで

味が引き締まるだろう」とヒラメイタ

 

若干の不安と期待をこめ

シーチキンをふたさじ鍋に投入

味見をする、「さかな臭い、間違った!」

 

失敗した鍋に塩、コショウを振りかける

くさみよなくなれ

 

こうなったらキムチをぶちこんでネギもぶちこんで

キムチ鍋にしようか?

いやとりあえず冷凍庫に隠してしまおうか?

はたまた目の前にあるゆずジャムを見て考える、

匂い消し使えるんじゃないかな?

 

さまざまな対策案が走り回るけど正解がでない

 

 

 

鍋の火を消しコーヒーを飲む

混乱した時は一呼吸おくのがベストだ

 

良いアイディアは浮かばない

 夜は冷凍春巻きにした

ーー -- 

 

翌日、一日寝かしたロールキャベツを試食してみた

キャベツに刺さったままのつま楊枝を使いブツを口に入れる

それから皿を抱えスープを飲んでみる

 

驚き、美味しいではないか!

シーチキンの魚臭さがなくなり、旨みがある!

 

捨てなくて良かった

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルカリで多肉を購入する時に重要なポイントは評価だと思う

多肉植物にはまって一年

知識は多肉ユーチューバーportoさんの動画から得ている

 

portoさんが紹介する多肉さん達が気に入ると

メルカリで購入している

 

多数出品があるなかで

私なりの選別方法を述べる

 

① 商品画像を見る

お見合い写真と同じでまずは画像から選ぶ

 

メルカリど素人の時には解からなかったけど

巧妙な画像が結構多いと最近気づいて

腹立たしい

 

全体をピンクあるいはブルーに修正加工してるのは

盛りすぎだと思う

 

定規を置いて大きさをイメージできるようにしてるのは

良いけど

なかには定規と多肉との間に距離があるために

錯覚を起こさせるような撮り方をされている出品者がいて

腹立たしい

 

「騙されないからね」

 

 

評価をチェック

私が購入するかどうかはほぼ出品者さんの評価で決めている

 

メルカリでは取引後に購入者、出品者がお互いを評価する

評価は三段階に分かれて表示されている

「良い」「普通」「悪い」

 

あらかじめ「良い」と初期設定されているので

「普通」「悪い」の評価がついているのは要注意人物なのだと

私は判断する

 

「普通」「悪い」と評価した内容を一読すると

枯れていた、腐っていた、梱包が雑だった、画像と違った

などなど

その内容から出品者さんが悪か善か判断する

 

多肉は生き物なので取引中に状態が変化する可能性がある

 

裁判官になったつもりで再度評価内容を良く読むと

受取人の勝手な言い分だというケースもあり

これはお相手が悪かったので出品者さまお気の毒と同情する

 

いずれにしろ

悪い評価がつくと後の取引にも影響するので

出品者さんはそうならないよう取引完了までの間は

受取人とマメにメール交換した方が安全だと思う

 

③フォロワー数のチェック

評価で決められないと出品者さんのフォロワー数を見る

フォロワーさんは出品者のファンだから

ファンの数が多いと安心する

 

「悪い」がついている出品者さんほど

フォロー数が多いような気がするが・・

 

④自己及び商品紹介文に!マークをやたら多く使う出品者さんが

嫌い

 

!マークは特に強調したい時に使うと私は思っているので

紹介文に!マークがついていると緊張する

 

出品者さんはエキセントリックな性質なのかと敬遠する

 

ちなみにlineでのやりとりに

常に!マークで返信してくる知り合いがいるが

なんで!マークを使うのか今度聞いてみよう

 

安心安全を見極めるって

情報量と経験数かな?

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暗証番号は「3104」

運転中、すれ違う対向車のナンバープレートを

ついつい見入る癖がある私

 

並ぶ数字に持ち主の意図を推測するのが

楽しいのだ

 

「    1」こういう車には近づかない

自己主張が強いと推測するからだ

一番になりたがっている、もしくは一番なんだろう

 

職場でもスポーツでも才能、能力なんでも

一番にこだわっている

強気がナンバープレートに現れている

 

オレ様の車に接触でもしようもんなら大事になる

オレ様は車から飛び出して来て

きっと私の首を締め上げるだろう

 

「3333」ただただ車が好きな奴だろう

暇さえあれば車を磨き上げ、重厚なメカにうっとりしている

車を相棒と呼び、車と一体となり駆け巡る

 

時々、相棒と話をする

「今日の調子はどうだい?」

「サイコっすよ」

とかなんとか・・・

 

「2929」肉大好きな奴

制限速度は守るけど、自分の体重はコントロールできない

 

 

私が小娘だった頃の恋バナをひとつ

 

当時、片思いだった彼はかなりのイケメンだった

長身で何を着ていてもかっこ良かった

 

中身はどんな人間だったのだろうか?

たいした男でもなかったかもしれない

見た目ばかりを気にする年頃の話だ

 

私が燃えたのは

彼を狙う女が私以外にいたからだ

 

ライバルは長い髪さきをカールして花飾りなんか

つけている可愛らしい娘だ

 

彼を挟んでのライバルの動向がとても気になる

 

みんな同じ職場だったから

噂話はいろいろ入って来る

彼女は彼と食事には行ったことがあるらしいが

付き合っている段階でもないとか・・

 

時代はお金の出し入れがATMででき始めた頃

私も銀行で1枚のキャッシュカードを作った

 

4桁の暗証番号を考えなくてはならない

忘れてはいけない大事な番号

私にしか解らない番号

 

もっか片思い中の彼の名は

サトシ・・

3,10,4・・

 

暗証番号はサトシ、「3104」

決まりだ

間違えようのない番号だ

 

以後、お金を引き出すたびに打ち込む「3104」

 

週に1回、月に4回打ち込む「3104」

 

あっちのATM,こっちのATM

うちまくる「3104」

 

うつたびに彼の名前をつぶやく,サトシ 、3104

 

念が通じたか私はライバルに勝った

 

 

今に思うと気味の悪い行為だ

彼に知られれば引かれる行為だ

重すぎる

重すぎる

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

 

SNSで知り合うお相手に嬉しかったり戸惑ったり

昨今、SNSを介してのトラブルが多い

 

 

他人事かと思っていたが私もlineで見ず知らずの

方がたとお喋りしている

多肉繋がりだ

 

多肉に囲まれる生活はとても楽しい

葉っぱから芽が出てきて、大きく成長する過程は

子育てのようだ

 

陽を当て、水やりして、観察し、調子が悪い子がいると

心を痛め、ネットで検索しながらああでもない、こうでもないと

お世話をして、育ちに勢いがつくと一安心する

 

ちょこっと脇から子株が見えたりしようもんなら

朝に夕にと子株の様子を眺めに行く

 

まだ多肉にはまって一年未満の初心者だから

知識も乏しく、技術的にも劣っている

 

だけど多肉に関わってとても楽しい

楽しい想いを誰かと喋りたい!

 

だけど悲しいかな、どうやら多肉愛好家は身近にいない

ホームセンターや園芸店を頻回に回ったが、結果、多肉に関心がある

店員さんや客は見かけなかった

私の友人たちさえも興味をしめさない

 

私は孤独だ

多肉友達が欲しい

いろいろお喋りがしたい

 

たまたまSNSで多肉同好会に巡り合い

lineで繋がるようになった

 

孤独だった私は一気に数人の多肉マニアと知り合いになり

自慢の多肉の写真をあげたり、どこそこの園芸店が良いとか

情報交換している

 

見ず知らずの方と知り合いになるのは

新鮮で魅惑的だ

 

多肉好きという共通点から

疑いもなく繋がっている

 

みんな孤独だったかのような話しっぷりだ

みんなが見ているであろう多肉ユーチューバーなんかの話題になると

チャットのやり取りが激しくなる

 

言葉使いには気をつけている

調子のって通じないギャグを飛ばさないようにしている

 

見えない相手だから敬語を使っている

 

若い方がたの言い回しも知るようになった

「スクショする」とか言っているけど

「スクショ」って何?

 

ようわからんわ

・・でも合わせないと、とかけっこう気遣いしている

 

そのうちにきっとみんなで会おうとかの話になるだろう

いや、もうすでに一部では会っている方がたもいるかもしれない

 

会いたいと思う気持ちが強いけど

会ったら幻滅したり違うなと思うんじゃないかなとか

たぶん、私は会いに行かないだろう

lineだけのやりとりで今は満足だから

62歳の私でも興奮したり気持ちがぐらついたりしている

 

自分のかたわらで生きている者より

SNSで知り合った見ず知らずの方がたを頼るのは

時代かなと

思う

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

店員より役に立つホームセンターの男性客

f:id:s-dai101030:20191117190840j:plain

 多肉植物にはまって初めての秋をむかえたが

色づき始める多肉の紅葉をまだ見れない

我が家の多肉さんは成長不足のもやしっこばかりなので・・

 

やがて冬がやって来る

五℃以下~氷点下になると野外の多肉は一夜にして凍るとか、そこで

室内に取り込む準備に入った

 

素人のくせに部屋に入りきらない程、多肉をかなり集めてしまった

 

納屋から古い勉強机を引っ張り出してきたが、まだ足りない

 

収納棚を買わなければならない

無職なので高価なものは買えない

ホームセンターに出かけた

 

ホームセンターの店員の対応には日頃から呆れている

 

まず客が右往左往していても近寄って来ない

こっちから声かけると「え~~、俺?・・」って感じで

面倒くさそうな顔つきをする

 

笑顔なんて見たことがない

商品説明もできない奴ばかりだ

知識もマナーもないなら売り場に立つな!って言いたい

 

案の定、今回も不愉快な思いをすることになった 

 

 店内で見つけた手頃な値段のがっちりした大きいベンチ

一人では持ち上がらない程重い・・

取りあえず一つ買ってかえり部屋に合うかどうか検討しよう・・

 

レだジ付近でウロウロしている若い男性店員を呼ぶ

私「これ家まで運んでくれる?」

店員「いえ、配送はしていないんです」

私「配送料出しますけど?」

店員「配送はやってないんです、持ち帰るのなら軽トラ無料で貸出ますけど」

男性店員はそう言って去って行った

 

私は知っている、彼は二度と私の前に姿を現すことはない

面倒を避けるのだ

 

売るだけで「配達はいたしません」なんて信じられない

 

軽トラなんて運転したこともない

困ったな・・・

別のを探してみるかな・・

 

思案している私の視野に見覚えのあるオッサンが入って来た

付き合いはないが彼は高校の同級生、モリ君っぽい

「モリくーーん」大声で呼んだ

 

青い作業服姿のモリ君が私の方を見た

モリ君「お前、誰?」

 

私「メタボンだよ、ねぇ助けて」

モリ君がこちらに歩いて来る

やっぱりモリ君らしい

 

私「鉢を置く棚を探しに来てて、このベンチどうかな?」

モリ君はベンチを持ち上げる

 

モリ君「しっかりしていてこの値段なら良いと思う」

私「でも配達してくれないんだって、困ったよ」

モリ君「俺、運んでやるよ」

フフッ、計算通り

 

レジの女性店員が言う

店員「当店の会員カードありますか?、会員でないとトラック貸せません」

どこまでも感じ悪いホームセンター

 

モリ君「会員カードなら俺もってる」

店員「いえ、お支払いの方が会員でないとダメなんです」

 

・・えーと、つまり、この店は

力持ちで軽トラを運転できて会員カードがないと商品が手に入らないってこと?

しかも軽トラの無料貸し出しは一時間だと!

 

売る気ないな、お前ら

サービスとか次の提案とか考えんのか!

 

レジ付近でもめているとジーサンが寄って来てモリ君と話し始めた

二人は知り合いらしい

ジーサン「俺の軽トラ使えば良いよ、家はどこ?」

 

急な展開

モリ君「俺知ってる、行くぞ」

 

ジーサンとオッサンがベンチを担いで店から出て行く

行動が早い!

慌てて支払いを済ませて二人を追う

 

二人は我が家で一仕事した後、コーヒーを飲んで帰って行った

 

良いタイミングで二人に出会えて良かった

 

それにしても近頃の店員の教育はなっとらん

いえ店員ではなく経営者に問題があると私は思う

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多肉さん達のお喋り

 

f:id:s-dai101030:20191020120923j:plain

縁側にある多肉タワーマンション

 

 

 

 

f:id:s-dai101030:20191020131155j:plain レインボー「皆さま、ごきげんよう

f:id:s-dai101030:20191020130950j:plain シャンペーン「あらあら、いつもお綺麗で」

 

f:id:s-dai101030:20191005181105j:plain ラブリーローズ「私の噂話してました?」

 

レインボー、シャンペーン「相変わらず勘違いしているわね」

 

 

f:id:s-dai101030:20191020120208j:plain レーマニー「新しい住人が挨拶に来るらしいぞ」

 

レインボー、シャンペーン、ラブリーローズ「私たちより美しいのかしら」

 

 

 

「こんにちは、引っ越しのご挨拶にまいりました」

f:id:s-dai101030:20191020120922j:plain

「大きいのは花うららです、隣は子持ち蓮華です、お前帽子取れよ、

横の赤いのは・・・誰だっけ?、下はレズリーと不気味なサルコスです。

よろしくお願いします。」

 

 

f:id:s-dai101030:20191005185005j:plain 「どこから来たの?俺らメルカリ出身だよ」

f:id:s-dai101030:20191020131155j:plainf:id:s-dai101030:20191020130950j:plainf:id:s-dai101030:20191005181105j:plain

「私たち、ネットじゃ超人気なのよ」

 

 

f:id:s-dai101030:20191020120922j:plain 「さびれた園芸店から来ました。

ひとつ380円で売られていました。」

 

 

f:id:s-dai101030:20191020131155j:plain 「どこが良くて買われたのかしら」

 

 

f:id:s-dai101030:20191020120922j:plain 11月に紅葉するかもしれないとか、

可愛いとか、将来性とかって言ってましたよ。」

 

 

f:id:s-dai101030:20191020133529p:plain 「あんたたち、雑草と間違われて捨てられないように

気をつけなさいよ」

 

f:id:s-dai101030:20191020133637p:plain 「タワーマンションに住めるのは高価なモノだけよ、

姿かたちの美しさや希少価値があるモノだけ、あんたたち普通じゃん」

 

 

f:id:s-dai101030:20191020120922j:plain 「私たちの強味は繁殖力です!」

 

 

f:id:s-dai101030:20191020120208j:plain 「馬鹿だね、数が増えれば存在価値が下がるんだよ

俺なんて育成困難だからマニアの間じゃ垂涎モノだよ」



f:id:s-dai101030:20191020131155j:plain 「簡単に増えるモノは下町に行くのよ」

 

 

 

ーーー多肉の下町(雨ざらしの意味、実験場とも言う)ーーーーーー

 

f:id:s-dai101030:20191020120855j:plain

f:id:s-dai101030:20191020120016j:plain グリーンネックレス「最初の頃は

好き好きって大切にされたけど今じゃ厄介モノ扱いだわ」

 

 

ーーーー

 

f:id:s-dai101030:20191020130950j:plain 「タワーマンションはいつも管理人が見張っててキツイけど、

安定性があると判断されたら快適な別荘に移るのよ」

 

 

ーー海に面した陽当たりが良く風通りの良い別荘ーーー

f:id:s-dai101030:20191020120534j:plain



 多肉ベビー室は別荘の一角、最も安心安全な場所にある

f:id:s-dai101030:20191020120757j:plain

人間世界と同様、多肉の世界でもベビーは宝物

 

ーーー

 

f:id:s-dai101030:20191020133637p:plain 「多肉は日が当たらないと紅葉しないの」

 

f:id:s-dai101030:20191020120208j:plain 「俺も別荘に行きたいな」

 

 

f:id:s-dai101030:20191020133529p:plain 「ダメよ、潮風が当たるのよ、

枯れるかもしれないよ、管理人は検証中なんだよ」

 

 

f:id:s-dai101030:20191020131155j:plain 「ところであんたたちどんな土に入ってるの?」

 

f:id:s-dai101030:20191020120922j:plain 「管理人手作りの土でーす」

 

f:id:s-dai101030:20191020133637p:plain 「私たちはお店で売っている多肉専用土に入ってるの」

f:id:s-dai101030:20191020133529p:plain 「管理人は貴重品には高価な土を使うのよ」

f:id:s-dai101030:20191020131155j:plain 「鉢でも差別してるのよ」

 

f:id:s-dai101030:20191020120208j:plain 「どうでもいいモノは安いビニールポットを使い

貴重であれば素焼きや高価な鉢を使う傾向があるな」

 

 

f:id:s-dai101030:20191020120922j:plain 「私たちプラスチック鉢に入ってます。」

 

f:id:s-dai101030:20191020120208j:plain 「まぁまぁってとこかな」

f:id:s-dai101030:20191020130950j:plain 「別荘のフェリナセ錦さんが一番高い鉢を使ってるわね」

 

 

f:id:s-dai101030:20191020120401j:plain

「ネットで購入したんだって、管理人は当時は園芸ど素人で

鉢の売り場も知らなかったんだから」

  
ーーー

 

 f:id:s-dai101030:20191020133637p:plain 「ところで後ろでウロウロしている子たちは何?」

 

 

 

f:id:s-dai101030:20191020120436j:plain

 「僕たちですか?」

 

 

f:id:s-dai101030:20191020133529p:plain 「タワーマンションは住民以外は立ち入り禁止よ」

 

f:id:s-dai101030:20191020131155j:plain 「ビニールポットの来る所じゃないのよ」

 

f:id:s-dai101030:20191020120436j:plain


「僕たちは貴方たちのオマケについていたちび多肉です。

大きくなったら万人うけする姿かたちとこれから紅葉する可能性があることから

管理人が再評価してくれ

タワーマンションでケアを受けた後、別荘に移動する予定です。」












 

ブログランキング・にほんブログ村へ