メタボンの行きあたりばったり

昨年定年退職しましたメタボンです。毒を吐きます。

まずくて高いうどん屋

暇な女たちが良く利用する場所は

ファミリーレストラン、コ〇スだ

 

多彩なメニュー、美味しそうなデザート

ちょっとお金をだせばドリンク飲み放題

 

女の話は尽きない

近所で起きたエピソードやネギの作り方

友人らの近況、店員さんの悪口・・・

 

注文したピザをみんなでつっついては

4時間はコ〇スで居座る

 

コ〇スの良い所は値段が安く味もそれなりなところと

長居できる事かな

 

ところで先日、あるうどん屋に初めて入った

 

そこは遠くの町に行く県道沿いにある平屋の古い木造の建物で

「うどん、蕎麦」と書いた暖簾が玄関にかけられている

 

いつ見ても車が数台駐車しており

どうやら繁盛店らしい

 

空きっ腹すぎてハンドル握る手も震えていた私

一人だったけど思い切ってうどん屋に入ってみた

 

テーブル席がいくつかあり、適度についたてがあって

お一人様でも居心地良さそうな造りだ

老夫婦がどんぶりを食べている

 

厨房にむかって横づけにカウンター席が設置されている

雑誌、新聞、漫画などが棚に並び庶民的な雰囲気だ

 

中年女性が冷茶とメニュー表を持って来た

うどんにするかどんぶりにするか迷う

仁王立ちの亭主が厨房から私を見ている

 

いっぱ具材を食べたいので鍋焼きうどんを注文した

 

私の二つ隣に中年男性が座り、なにやら注文した

お馴染みさんのようでやっぱり店は繁盛しているようだ

 

冷茶を飲む

ん?、変な匂いがする

もう一口飲んでみる

ん?腐っている?

 

ちかごろ健康茶とかいろいろ出回あっているから

そんなお茶なのかな?

 

そういう場合は店内に「当店では〇〇茶をお出ししてます」

とか張り紙があったり

またはお茶を運んできた店員さんが「〇〇茶でございます」とか

宣伝をするものだが・・・

 

今度は鼻先で匂いを嗅いでみる

な・ま・ぐ・さ・い

(腐ってんじゃないの、これ!)

 

普通の冷水を探して店内を右往左往するが

見つからない

連れがいたら店員さんに聞いてもらえるんだけど

一人だから小さくなる

 

隣の男性の品が先に出てきて

男性はズーハーズーハーと音をたててすすっている

 

 私のテーブルにやっと鍋焼きうどんが置かれた

 

私が知っている鍋焼きうどんとは

鍋蓋を開けるとグツグツ湯気が立ち上げり

その中にエビ天や、半熟卵、ピンクの麩

ほうれん草などが盛り上がってうどんの上に

置かれている物だ

 

しかし、この鍋焼きうどんは

蓋がない

 

少しのエノキと白菜のきれっぱしとゆですぎのほうれん草と

小さなしいたけ、硬い肉片

 

鍋の横の小皿に殻の薄そうな生卵が添えてある

 

肝心のうどんはこしがなく箸ですくうとちぎれていく

 

汁からだしの香はしない

見た目もがっかりだが味も美味しくない

 

これで980円、笑える

ぼったくりやん

 

隣の中年男性はいったい何を注文したのか相変わらず

ズーハーズーハ―とすすっている

私よりずいぶん早く食べ始めたのに・・

 

 

その後

うどん屋の前を往来するたびにうどん屋を注視する

 

客の車はやっぱり数台駐車しており

なんであんな店の常連なのか調査してみたいと思う

 

私だけがたまたままずい物を出されただけなのかしら?

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

 

 

 

医療保障は80歳以降も必要かしら?

若い頃、知人に勧められるまま生命保険に一本入った

 

死亡時のお支払い額1500万円に驚き

なんだかワクワクしたのを覚えている

 

契約時に「定款、約款」と書かれた分厚い説明書を

渡されたが真剣に読んだ事はない

取り扱い説明書的なものは苦手なタイプなので・・

 

疑問ももたず漫然と支払いを続け

はや40年近手く経った

 

いつ死んでも1500万円もらえる

また、年金という形で生前に貰う方法も可能らしい

 

どちらを選ぶかは私が決める

 

自分のために持ち金を使い果たすか

それとも家族に残して逝くか

 

私の人生だ、私が決める

 

もう62歳だが、まだ楽しみたい、自分を伸ばしたいという

欲求がある

 

同時に家族の幸せも願っている

 

まだまだ生きざまが定まっていない

 

ところで

死亡保障は終身であるけど

問題は医療保障だ

80歳までしか保証されていない事を最近知った

 

見直しもせずにきたので入院保障も入院5日後からと

古い内容のままだ

 

今年になって、保険レディが医療保障を終身にしないかと

提案してきた

その場合、支払額が2倍に上がるが

入院1日目から保証金が入るようになるらしい

 

保険レディの口車に乗ってはいけない

彼女は新規契約が取れれば彼女の給料に反映されるから

見直し変更をさせたがる

 

 

果たして80歳まで生きているのかしら?

 

 

もし生きていても後期高齢者だし

高額療養費制度ってのもあるし・・

 

感染防止のため個室治療を医師が指示しても

長期ではないだろうし

先進的治療を受ける気はないし

 

病気に度々かかるくらいなら

そう長く生きていないだろうし

 

私の20年先の状態を想像するのは難しい

 

20年後、医療はどこまで進んでいるのかしら?

世界の平和、治安はどうなっているのかしら?

私が加入している生命保険会社は存在しているのかしら?

 

保険はかけだ

 

医療保障については来年また考えよう

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

押し花教室とはお金がかかるもの  №2

 

 

f:id:s-dai101030:20190709155750j:plain

退職後、暇なんで

何かときめく事でもやろうと

 

訪れた町の公民館で

見た押し花の作品に感動し、入会して

一年たった

 

あいかわらず押し花教室はお金がかかる

 

入会当時は退職金なんかがあったもんだから

押し花をつくる器具や道具を

師匠に勧められるまま購入していた

f:id:s-dai101030:20190709172037j:plain

マットに花を並べ、乾燥機で乾かす道具↑

 

 

 

 

押し花の活用といえば

額なんぞに入れて

町の文化祭で見せびらかすことくらいかな

f:id:s-dai101030:20190709155241j:plain

発表の場は生徒さんのモチベーションを上げる

 

また、

お家の玄関や壁、ベッドサイドに置いとけば

お家の中が華やかになる

気が利く客なら褒めてくれる

f:id:s-dai101030:20190709155739j:plain



f:id:s-dai101030:20190709155755j:plain

ただ

この額縁がえらく高いんだわ

 

A4サイズが5千円くらい

両手いっぱいサイズだと二万円くらい

 

しかもこの額、接着剤がしっかりついているので

使いまわしができない

失敗は許されないって感じかな

 

 

ーーー

 

今回、私は駄作をつくらないよう

画集に載っていた作品をコピーすることにした

f:id:s-dai101030:20190709155332j:plain

墨を使った粋なところがお気に入り

師匠にA4サイズの額を注文した

 

墨を使うのは小学校以来

 

師匠「墨汁は私のをつかってもらうわ

買うと高いからね」

私「ありがとうございます」

 

師匠が準備した新品の筆と新品の用紙で

まずは試し書き

 

上手く輪が描けない

 

用紙をすぐに使いきった

師匠に用紙の追加注文をすると

師匠が驚く

師匠「これ1600円するのよ、大丈夫?」

 

無料提供ではないと思っていたけど

そんな高いんですか!

きゅうり40本買えるやん!

 

私「新聞じゃダメなんすか?」

師匠「新聞だとぼかしが違うのよ」

 

ちなみに筆は1350円だと

知ってたら100均寄って来るのに・・・

 

とりあえず

墨で輪を描いて下準備OK

f:id:s-dai101030:20190709155631j:plain

今日はここで終了

額代を含め合計1万700円支払う

 

 

後日、ガーベラを押し花にして教室に行き

作品完成となる予定

 

 

 

明日の教室で、作品が仕上がる予定

本日、町の花屋に出かけ、赤とピンクのガーベラを買って来た

 

f:id:s-dai101030:20190709181930j:plain

茶色に変色して、花も散って

失敗した

まだまだ素人だ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

夫婦で田舎に移住、配偶者がいなくなった先はどうするのか考えていたのかしら?

 

f:id:s-dai101030:20190627175846j:plain

その空き家は、トンネルを抜けた雑木林の中にあった

 

 

 

十数年前、町でちょっとした話題が起こった

 

①都会から田舎に移住してきた老夫婦がいる

②玄関扉は赤色で屋根が丸いお家を建てた

 

移住という言葉さえ聞き慣れていない時代に

・・マルイオウチ、トガアカイ・・

 

へー!

見たーい!

 

興味津々だったけど残念ながら

ツテがなくお家拝見とはならなかった

 

都会からといってもご主人の方は歩いて数分の場所に

実家があり(実家はご主人の甥が継いでいる)

幼馴染や親戚、知人はいたわけだ

 

奥さまはどうなんだろう?

こちらの生まれだったのか、全くの都会育ちだったのか

知らないが

 

移住者の情報は町の噂で大まか知る事ができた

 

③ 奥様は元音楽家でピアノを弾いているとか

爪が長く赤いマニキュアを塗っているとか

 

④ 買い物はご主人が自転車をこいで

町のスーパーまで行っているとか

 

⑤夫妻に子供はいないとか

 

 

奥さまはしばらくして病気になり

町の病院に入院した

認知症も患っていたらしく問題行動があったとか

 

面会人はご主人と甥夫婦、

友達はいない

 

奥さまが病死し、残されたご主人の方も

後を追うように病死した

 

 

田舎に移住する時

夫妻はどちらかが亡くなった場合の計画は

立てていたのかしら?

 

遺骨はどこに納められたのかしら?

 

不動産、遺産の処分など遺言書は作成してたのかしら?

 

命日、法要はどうするか決めていたのかしら?

 

ーーー

 

 

雑木林の隙間から丸いお家の庭に入る

f:id:s-dai101030:20190627180319j:plain


ショッキングなくらい玄関扉が赤い

可愛い

 

いたるところには鉢が置いてあって

花を楽しんでいた様子だ

 

庭には生い茂る雑草があまりない

甥夫婦が手入れしているのかしら?

 

 

 

 

f:id:s-dai101030:20190627180154j:plain

 

長く生きているけど

こんな屋根を見るのは初めてだ

イカ

もしかしたらご主人は建築デザイナーだったとか

 

 

 

f:id:s-dai101030:20190627180149j:plain

ブルーベリーすか?

食べ頃にもう一度、来てみましょうか

 

 

 

f:id:s-dai101030:20190627180045j:plain

木製のベンチとテーブル

生前、夫妻は近所の方がたとここで語らい

お茶したのかもしれない

 

 

 

f:id:s-dai101030:20190627175843j:plain

 

高価そうな大鉢

お洒落なデザインだ

 

f:id:s-dai101030:20190627180229j:plain

 

 

花や植物を愛でていたんだろうね

鉢がいっぱいある

 

 

 

 

 

f:id:s-dai101030:20190627180114j:plain

窓から室内のぞき見

雑誌に載ってるような色と形、質感の調和

素敵です~~!

 

 

・・・変ですね・・

 

空き家なのに家具インテリアがそのままですか?

普通は処分したり布かけるのでは?

 

テレビの電源ランプが赤く点灯している

 

 

もしかしたら

甥の方が昼寝でもしにくるのかしら?

私が覗いているのを家の中から見ているかも

 

 

疑問が残るけど

今日はこれまで

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多肉植物にはまって、毎日が楽しい

 

f:id:s-dai101030:20190620202913j:plain

多肉植物

原産地はメキシコや砂漠地帯とか

 

茎や根に水分を含むため水やりは月に2回程

水はけの良い土に植えておけば勝手に育つとか

 

・・・いえいえ、そんな簡単な生き物じゃない

 

我が家の多肉さん達は何故か枯れていく

水?、土?、温度?、風?、肥料か?

 

何が悪いのかわからない

場所を変えたり、土を変えたり、鉢を変えたりして

毎日、その変化を観察している

 

楽しくてしょうがない

 

 

1代目、桜吹雪

ピンクと緑色が混合した葉

f:id:s-dai101030:20190304204543j:plain

まるで和菓子

お気に入りだったが友人にプレゼント

 

 

 

 

そこで2代目桜吹雪購入

f:id:s-dai101030:20190622160509j:plain
当初から人差し指サイズの小さい子たちで

大きくならないうちに葉が落ちだした

 

ホームセンターの多肉植物専用土を買い使っていたけど

それが適していないのだと考え

 

 

メルカリで取引高評価を得ている方から

調合土を購入した(1リットル555円)

f:id:s-dai101030:20190622161455j:plain

トレイに入れて

身体の小さい子や育ちの悪い子をそこに植え替えして

成長を観察していたら、みんな元気になりだした

 

やっぱり土は大事らしい

 

毎回、メルカリから高価な土を買う訳にはいかない

f:id:s-dai101030:20190622164210j:plain

こんな動画なんかを参考にして

いよいよ自作土づくりまでやるようになった

 

 

 

 三代目、桜吹雪

f:id:s-dai101030:20190622160449j:plain

 どんだけ好きねんって感じ

 

 

 

 

クロマ

f:id:s-dai101030:20190622152630j:plain

 黒っぽい葉に、ピンクの絵具こぼしたようで

怖可愛い

 

 

 

ピーチ姫

f:id:s-dai101030:20190622185343j:plain

メルカリに出品されるとすぐに買い手がつく人気商品

大きく綺麗なピンクだと1500円あたりの値段がする

 

 

 

 

リップスティック

f:id:s-dai101030:20190622190206j:plain

我が家に来た当初は

明るい赤だったけど

今はしぼんで色も退化した

プラスチック(手作り)製の鉢のため息苦しいのかも・・

 

植木鉢購入のお金が惜しくて、自宅の茶碗の

底に穴を開ける事に一時夢中になっていて

・・・

プラスチック、ブリキは簡単だったけど

陶器となると、割ってばっかりで

心が折れた

f:id:s-dai101030:20190620203023j:plain

植物にとって植木鉢とは

昔ながらの素焼きの方が居心地がイイかもしれない

 

 

 

ブラックプリンス

f:id:s-dai101030:20190622152710j:plain

 以前、陶芸を習っていた頃に造った抹茶茶碗に穴を開けた

 

 

 

 

火祭り

f:id:s-dai101030:20190622152404j:plain

 初心者は抜き苗から育てた方が良い

 

葉押しとかカット苗は

やってみたいが、ハードルが高いと挫折する

 

この子はしっかりした抜き苗だったので

特にトラブルなく育った

 

私の場合、購入先は特定している

取引高評価で大きくしっかりした品を出品している方だ

 

 

 

 

アロマティカス

f:id:s-dai101030:20190622152446j:plain

 いつもの取引相手の方から抜き苗で購入

 

 

 

 

 

アエオニウム

f:id:s-dai101030:20190622152326j:plain

 増やしてみたいがカットすると枯れそうで

ただいま思案中

 

 

 

 

グリーンネックレス

f:id:s-dai101030:20190622152146j:plain


こりもせず

陶器に穴を開けて、植えてみた

(今後、鉢は納屋にある板っきれを一升ます様にリメイクして

使ってみたいなと思う私、DIYにはまるかもしれない)

 

グリーンネックレス

水やりは多いかなと思うくらいかけた方が良いのかもしれない

 

・・・というのは

以前、購入したグリーンネックレスが枯れてしまい

(今に思うと水分不足だったのかと)

 

ざらし状態、栄養不良、湿気ムンムンの鉢に

イチかバチかでつっこんで置いたところ

f:id:s-dai101030:20190622194741j:plain

 

なんと!、持ち直してきたから!

 

 

丈夫そうでもあり、繊細でもあり

雑に扱っても成長する子は成長し

弱い子は手厚く世話しても枯れていく

 

その子、その子の特性があるらしい

 

まだまだ経験不足だワ

 

 

 

ちなみに

ここは庭にあるゴミ捨て場(別名、最終観察場)↓

枯れた多肉や土、軽石を捨てたり、生け花に使った木を差してみたりしている

 

f:id:s-dai101030:20190622162139j:plain

 

先日、ゴミ山から芽をだしている多肉を見つけ感動した

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 







 

 

  

 



 

 

 

 

 

 









 

子供のいない老夫婦の遺産の行方

私たち同級生は60代

 

会えば年金や身体の不調

節約技、親の介護などで話が盛り上げる

 

学生時代からの付き合いだから

ゴム輪で前髪をくくっていたのも

セーラー服姿も覚えている

 

トイレは誘い合って行き

弁当は机を持ち寄り、かたまりになって食べていた

ニキビ顔を気にし、アイドルにうっとりして

かっこいい人の前では緊張バクバク

 

考えや身体もまだまだ幼かった私たちが

年月を経て今は人生の終わり方を口にするのが

なんかおかしい

 

先日、数人で集まった

全員が家族の誰かを亡くしている

このためお経をあげる機会が度々ある

笑ったのはみんな「正信偈」をスマホに入れていることだ

 

お経って聞きなれると

落ち着いた気分になれる

僧侶ギタリスト釈蓮楽 正信偈」私のおすすめだ

 

 

K子「私たち、子供いないから

私が死んだら遺産どうなるのかと考えているの」

 

一人っ子でお婿さんをもらい、家業を継いだK子たちには

子供が出来なかった

 

全員「そりゃ、旦那にいくんじゃないの?」

 

K子は一人っ子だけど旦那は3人姉弟

K子が死んだら、全財産が旦那にいって

 

その後、旦那が死んだら・・・

旦那の姉弟に財産持って行かれるってこと?

 

K子「だから私は旦那より長生きしたいの」

 

旦那の実家は農家なので米を作っている

田植え時期や稲刈り時期などにはK子もお手伝いに

行ったりして

旦那の姉弟とは年中付き合っているわけだけど

 

K子は母方の従妹に遺産が行く方がなんか良いらしい

血筋ってことで・・・

 

子供がいないからこの先どうするか

おいおい旦那と相談ってことですかね

 

 

隣のS子も子供がいない未亡人で

S子「ねぇ、私が寝たっきりになったら

誰が世話してくれるのかな?」

 

近くにS子の実家があり、兄貴が後を継いでいる

だけど兄貴の嫁さんが

母親の介護を良くしてくれなかったと恨んでいるS子は

兄貴の嫁が嫌いだ

 

S子は考えが足りない

 

病人の介護が果てしなく労力を要し、心の負担になることを

理解していない

 

排泄の世話

人はおしっこを日に最低4回する

便は臭い

 

おしっこの量や便の形状は健康状態を知る指標だ

だけど排泄物を処理するのは特別な人しかできない

 

どうしても舅、姑のおむつに触れない人がいるのを

気持ちがないからだと決めつけないで欲しい

 

病人は臭う

歯磨きもシャンプーもお風呂も着替えもしなければ

異臭が発生し、世話人の労力は大変だって知って欲しい

 

日に三度の食事、病人食はカロリーもバランスも大事だから

材料費は安くなく、調理が難しい

食べる時にむせて襟元を汚すこともある

 

病人を家で看るのは、家族が少なくなった現代は難しい

だから施設に入れたと言って、周りのモンは怒るな

 

嫁を労働者だと思ってるんじゃない

娘がちょっかいだしてくるのも嫁には負担なんだよ

 

まぁ、兄貴の嫁を悪く言うS子の話を聞いて

私も兄貴の嫁が嫌いになったけどね

 

 

さて

子供がいたら家は安泰かどうか

 

いずれ遺産は気にくわない嫁にわたる

それは苦々しい

 

でも大好きな孫のためになるなら

それはそれで良い

 

孫にもいずれ相棒ができて・・・

 

あなたの遺産は枝分かれのように分配されて・・

 

結局、誰もあなたにありがとうなんて言わない

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人それぞれの終末、父への詫び状

定年退職した私は

時間に余裕ができた

仕事へのストレスもなくなり

気持ちも穏やかだ

 

寒い冬が終わり、村人が外で作業する6月

老婆は花を植え、爺さんは畑でエンドウや南瓜を植えだす

生き物が陽を浴び、成長する季節だ

 

夕方になると私は庭の草むしりを始める

雑草は強い

毎日、除去しても2~3日後には倍返しで生えてくる

 

草むしりに悪戦苦闘し、疲れると縁側で休憩して

目の前の庭とその後方の海を眺める

 

情緒的気分に浸る

 

庭は父ちゃんが家族の反対を押し切って

海沿いに造ったものだ

 

山茶花、もみじ、つつじ、金木犀・・・

今は潰してしまい無いが当初は鯉が泳ぐ池があった

 

20数年前、同じ6月同じ時間帯

亡父はこの縁側で倒れた

65歳、脳出血だった

 

命に別条はなかったが重い後遺症で

寝返りさえできない身体になり施設入所

 

嚥下障害で肺炎の繰り返し

口から食事を食べれなくなると、胃瘻を作り

胃瘻を抜去しないよう両手を抑制されて

 

認知症が進行しほとんど喋らなかったが

痰を吸引される時はうめき声をだした

 

10年間ベッドの上で生き、死んだ

 

 

 

父への詫び状

①ごめん、長い間、地獄だったね

 

②胃瘻造成はしない方が良かったのかな?

父ちゃんが死んで10年経っても迷っている

 

栄養を取るには胃瘻しか方法がなかったけど

あの選択は正解だったのだろうか

 

胃瘻から必要カロリーを注入できたから

細胞は枯渇せず、心臓も動いてくれた 

それで生ききったけど

 

自力では身体を動かせず

エアーマットを使っていてもできる床ずれ

圧迫による血流障害によって組織が腐る

痛かったね

 

時間が過ぎるのを待つだけ

 

 

③ ごめん、外泊したかったね、もっと

 

麻痺と認知症の悪化で喋らなくなった父ちゃん

話しかける私をじっと見つめていた

 

「家に帰る?」聞くと

その時だけは「オー」と返答する

 

父ちゃんの外泊は大変だった

硬く曲がった四肢と体幹のすきまから行うオムツ交換

上手く出来なくてシーツに排泄物がつく

 

寝る前に最後の体位変換、朝一番にも体位変換

寝たきりでも父ちゃんの身体は重かった

 

痰がからむたびに行った痰の吸引

やらなければ窒息する

 

わずかに動く首と手をおさえつけてやった

歪んだ父ちゃんの顔ははっきりと覚えている

 

痰を吸引されている間は息ができないから

ごめん、苦しかったね

 

父ちゃんが外泊すると

親戚や友達が寄ってくれた

 

人形のように動かない父ちゃん

影武者のように母ちゃんが代弁をする

 

変わり果てた父ちゃんから離れていく親戚

でも友達はけっこう最後まで遊びに来てくれた

 

 

 

古いアルバム

そこに白黒の色あせた一枚の写真が入っていた

遊ぶ小さい私たちを縁側で腰かけて見ている父ちゃん

その目がとても優しい

 

 

時間は止まってくれない