メタボンの行きあたりばったり

昨年定年退職しましたメタボンです。毒を吐きます。

犬がいるという幸せ自慢

 


f:id:s-dai101030:20181205232101j:plain

10月で5歳になった愛犬

チワワとパピヨンのMIX,オス

 

体重5キロ

手足はアスパラガスのように華奢だ

 

 

愛犬を育てるにあたり、一番注意しているのは

身の安全であり怪我や事故に合わないよう

監視している

 

愛犬が泣いたり、悲鳴をあげるような事態に

なったら私はおかしくなるかもしれない

溺愛しているから

 

 

f:id:s-dai101030:20181205232148j:plain

鉛筆、ボールペン数えきれない程やられた

 

どこに何がしまってあるか覚えているようで

引き出しが空いていると

頭を入れて、盗って行く

 

追いかける私をかわす優れた運動能力を持つ

 

 

 

 

 

f:id:s-dai101030:20181205225310j:plain

仕事で不在が多い時代は

一日を茶の間で過ごす亡き母ちゃんが

愛犬の相手をしてくれた

 

だからか茶の間大好き犬になった

 

夜は寝室に連れて行くが

抜け出し

一人で暗い茶の間で寝ていたりする

 

 

 

初めて散歩に連れて行ったのは

去年からだ

定年退職し、時間に余裕ができた

 

f:id:s-dai101030:20181205225549j:plain

村の中を歩く

 

 

 

 

f:id:s-dai101030:20181205225400j:plain

愛犬が先に行く

はしゃいでいる

 

 

 

f:id:s-dai101030:20181205225415j:plain

清流の音を聴いたり

 

 

 

f:id:s-dai101030:20181205225213j:plain

柿を眺めて季節の移り変わりに

気づいたり

 

 

 

f:id:s-dai101030:20181205232243j:plain

近所の古民家に寄ったり

(愛犬はイヌが苦手)

 

 

 

 

f:id:s-dai101030:20181205232258j:plain

花を育てたいなと思ったり

 

 

 

f:id:s-dai101030:20181205225502j:plain

山に癒されたり

 

愛犬との散歩は村人たちに

今日も元気です私っていう

合図でもある

 

 

 

時々

愛犬がつまらなさそうにしている

f:id:s-dai101030:20181206181020j:plain

 

この表情は私にプレッシャーをかける

ご機嫌にさせなければならない

 

 

おもちゃを投げて遊ばせる

(尻尾のついたヌイグルミがお気に入り)

f:id:s-dai101030:20181205225501j:plain



我が家に来て

君は幸せですかと尋ねたい

 

・・・感傷に浸っていると

愛犬、ソファの脚もとに向けて

おしっこをかけている

 

 

 

小さい頃からなかなか食べない

ドッグフード

いろいろ試してみた結果

f:id:s-dai101030:20181207095705j:plain

 この商品に切り替えてから

食いつきが良くなった

 

愛犬のお口に合う物を探すのに

4年かかったよ

 

 

 

f:id:s-dai101030:20181205225129j:plain

名を連呼すると

尻尾を振り

ほふく全身して近寄って来る

 

両手を広げると

抱きついて来る

 

可愛いなと思う

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

 

 

 

いくつになっても人付き合いに苦戦する

f:id:s-dai101030:20181122190642j:plain

ただ今、人気のハーバリウム

 

作り方は簡単

瓶の中に好みのドライフラワーを入れて

オイルを注ぐだけ

 

オイルを入れる事で透過性が増し、

ドライフラワーの色合いがはっきり見える

 

癒しの一品だ

これを先月の押し花教室で作った

 

ーー

 

押し花教室の先輩N川さん(見た目80歳)から

電話がきた

 

「公民館のウインドウに作品展示するから

なんか持って来て」って

 

N川さんは、押し花教室の古株で

おとなしそうなたたづまいでありながら

教室を牛耳っている裏ボスだ

 

年寄りだからってなめてはいけない

気にいられるようにしなければ

私が次のボスになれない

 

ハーバリウムを手に取り、車を走らせる

 

先輩達の地味な作品のなかで、私のハーバリウムはきっと

輝く存在になるはずだ

 

今まで駄作を作り続けてきたけど

ハーバリウムは自分がとても気に入っている

 

公民館でN川さんと待ち合わせる

 

高齢者だけど軽自動車を運転している

田舎では車がないと移動できない

 

N川さんの作品は大きいサイズが多い

車から取り出し運ぶのは私の役目だ

 

N「ウインドウに展示してもらえるのは

今回が初めて、ずっとキルト教室が独占してたから」

 

デビュー戦ですね

はりきりましょう

 

N川さんの心をつかむために話題を提供する

 

私「カーペット欲しいんですけどどこに行けば

売ってますか、犬がいるから洗濯しやすい

薄地のやつが良いんですけど・・」

N「ニトリに行けば」

 

そんなこんなしているうちに教室の他のメンバーも

作品を抱えて公民館ウインドウ前に集まり出す

 

ハーバリウムは私だけ

みんな額だ

額の大きさは様々、形も縦長だったり横長だったり

 

公民館ウインドウ係のおっさんがディスプレイの

実行者で

私達は作品の配置をおっさんに指示するだけだ

 

生徒さんなら誰でも自分の作品を人目につきやすい

位置のおきたいはずだ

だけど自らは動かない、だから私が先導する

 

一歩前でておっさんに指示する

私「これ(裏ボスの作品)、中央にかけて」

 

裏ボスは満足げにほくそ笑んでいる

 

後にかける品は、やはり作者の教室内でのパワーを

考慮して選択する

 

同期ライバルのごくみが私の指示を聞かない

勝手に先輩方の作品をおっさんに渡している

 

OK、ごくみ

ここは仲良くしよう、話合って決めようね

・・って、聞けよ!

 

先輩達も先輩達で「この花なんて言うの?

染めたの?、こんなやり方あるんだ~~・・」

わちゃわちゃお喋り始めている

 

アメまで配り出したり、ほうばったり

ごくみが輪の中で笑っている

 

配置に熱くなっている私だけが孤独だ

 

 

適当に、緩く、協調して、笑顔を絶やさず

場の空気を読んで、、、むきにならないで、、

 

 

61にもなって人づきあいに苦戦している

 

人と交わるのが面倒なくせに

それでは前に進めないと思う

 

強いメンタルが欲しい

何かに夢中になりたい

自信が欲しい

 

私のハーバリウム

みんなの配置が終了したあとで

ウインドウの隅っこに置いた

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

 

トイレの行列、順番がきたら若い子のあとに入りたい

f:id:s-dai101030:20181201201459j:plain

 

最近、老女の事を陰でクソババアと呼ぶのを

なるほどなと実感している

 

私の自慢はおしっこを我慢できることや

おしっこをだしながら何回でも

途中で止められる事だ

 

また固形物から気体だけ選り分けて、排出する技も持っていた

 

もとから便秘症なので

自宅以外で便をする事はまずない

なかった・・・、以前ならね

 

ところが・・・

 

定年退職してから気が緩んだのか

気体がかってに出るようになった

これには笑った

 

膀胱が小さくなったのか

しょっちゅうおしっこに行っている

途中で止めては出すなんていう遊びは

もうやっていない

 

胃腸系も狂いだしたのか

排便コントロールが出来なくなった

 

下痢と便秘を繰り返し

出先で急に便意を催すようになった

 

若い時なら押し込む力があったのだが

腹筋が緩んでいるので

車内でのたうちまわっている

 

慌てて車を駐車場に停めて

肛門を締めながら公衆トイレ目指して走る

 

途中、誰かに声でもかけられたら

そこで一気にでそうなあんばいだ

 

やっとたどりついた公衆トイレ

だいたい先客がいて、トイレの順番を待つ

 

用を済ませた方がたがトイレの戸を開ける

 

中から若い女の子とおばあさんが出てきたら

私は迷わず若い子のあとに入り込む

 

若い子の残り香は良い

香り優先のシャンプーを使っていたり

香水を塗っていたり

 

身にまとう洋服も香り優先の柔軟剤を使っている

持病もなく薬を飲んでいないから臭いおしっこはしない

そもそも公衆トイレで若い子は便なぞしない

 

ところが

私を含め、おばあさんは身体が緩んでいるので

おしっこのつもりが便まで出す

 

おばあさんは寒がりなので重ね着している

脱いでるうちに尿道、肛門が開く

 

間に合えばいいけど、間に合っていない方は

便器を汚す

 

しゃがむ位置が適切でないとやっぱり便器を汚す

 

排泄後、立ち上がりしなちびることもある

しまりが悪いから

 

クソババアってあながち間違っていない

 

慢性疾患を抱えているから

多種類の薬を飲んでいる

だから排泄物は臭い

 

年金暮らしなので安いシャンプーを使ってる

身にまとう服は例年の物で、防臭剤の臭いがする

はいている靴は一足しかないお出かけ用

 

そんなこんなを想像するので

トイレの順番がきたら私は若い子のあとが良い

 

ーーー

 

先日、妙な体験をした

食事処で女性用個室トイレを使用していた私

 

立ち上がり、ジーンズのファスナーに手をかけていた時

突然、トイレの戸が開いた

 

私も、戸を開けた中年女性客も驚き

お互い同時に「すみません」と謝る

 

鍵のかけ忘れした私が悪いのだが

おかしいのは戸を開けた中年女性

なぜか戸を閉めずにその場に突っ立っている

 

ゆっくりファスナーをあげながら

私は言った

「とりあえず、戸、閉めてくれませんか?」

 

友人らにその話をすると

大笑いされた

「オッサンと間違われたんじゃない?」って

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

 

紫のキャリーバック<旅立ち編>吉田輝星君

f:id:s-dai101030:20181125131325j:plain

夏の甲子園

金足農のサヨナラ2ランスクイズ

歴史に刻まれるワンシーンだ

 

9回裏、2-1で近江を追う金足農

無死満塁でスクイズ

 

巧妙なバンドで球がサード付近に転がった 

3塁ランナーがホームにスライディングする

 

同点はしかたない、

捕球後、1塁走者をさすためファーストに投げる

 

一瞬の出来事だった

金足農の二人目の走者が3塁を蹴って来た

1塁手がホームに直球を投げる

 

ホームベース上でクロスする走者とキャッチャーミット

 

球場は静まり返る

何が起こったのかわからない

 

審判が両手を広げる

セーフ

 

2ランスクイズ、逆転勝ち

金足農の奇襲攻撃

観客は唖然、騒然、歓喜の叫び

 

見ていた私も鳥肌がたったワ

 

 

 

 

やってきた金農フィバー

 

f:id:s-dai101030:20181125135734j:plain

選手が育てていた豚が9匹の赤ちゃんを産んだとか

 

 

 

 

 

f:id:s-dai101030:20181125131241j:plain

選手の背中にセミがついてたとか

 

 

 

 

f:id:s-dai101030:20181125131152j:plain

あきたこまちとか

 

 

 

f:id:s-dai101030:20181125131308j:plain

野球小僧とか

 

 

 

 

f:id:s-dai101030:20181125131301j:plain

仲良しだとか

 

 

 

f:id:s-dai101030:20181125131212j:plain

生徒さん達が開発にくわわったお菓子とか

 

 

 

 

f:id:s-dai101030:20181125131234j:plain

いつも手をつないでいるとか

 

 

予想外の快進撃のため、滞在費用がたりないとか

募金が始まり、年貢と称されたり

 

侍ポーズに警告がはいり、刀狩りとか言われたり

 

勝戦観戦客のため、JALが秋田から臨時便をだしたりとか

 

 

ユーモラスな記事が多い金足農

だからみんなを惹きつける

 

金農フィバーは地元に活気をつけた

奮闘した選手たちに県や市が感謝状を

おくるらしい

 

 

 

輝星が

プロ野球という道に歩きだす

一人で

 

もう仲間はいない

父さんが言うようにまわりはライバルだ

 

今までは野球が好きだけで

楽しんできたけど

 

これからは違う

組織に就職し、商品として扱われる

 

箱に入れられ、監視、管理され

企画会議にだされ、商品価値を評価される

 

売れなければボツにされる

良い数字を残さないと抹消される

 

ドラフト会議はシビアだった

使えそうだから日ハムが輝星を選んだ

 

何に使うつもりか

集客のためだと私は察する

 

新球場建設費莫大だね

 

5年後、輝星は

どこにいるんだろう

 

 

 

平成30年11月23日

日ハム入団のため千歳空港に到着

 

空港職員がおす台車に金足農のカラー

のキャリーバックが乘っている

 

これからどんな人生が待っているのかと

思うと切ない

 

f:id:s-dai101030:20181125131142j:plain

 

怪我しないように身体を鍛えてね

独り相撲しないでね

まわりをちゃんと見るんだよ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

紫のキャリーバック<キャラ形成編>吉田輝星君

 

 

f:id:s-dai101030:20181123211955j:plain

 

輝星くんちには、いつも誰かが遊びに来ている

 

親戚だったり、ご近所さんだったり

父さんの野球仲間だったり

 

小さい頃からわちゃわちゃに慣れているので

輝星くんは群れでつるんでいないと

落ち着かなくなる

輪の中心にいることを好む子になった

 

家族に溺愛されて育ったので

少々、オレ様傾向がある

 

俺を見ろ、俺のいう事を聞け、俺が一番だ

 

もとから頭の良い子なので

要領良く立ちまわる

 

自己顕示欲が強く

負けん気は誰よりも強い

 

小学校3年生にして

家族を支配する

 

「母さん、愛しているよ、プリンだして」

「自分で取って来ればいいでしょ」

母さんは輝星くんの五つ下の弟の世話におわれ

かまってくれない

 

「ばあちゃん、愛してるよ、プリン持って来て」

「あいよ、チョコバナナもかい?」

 

「じいちゃん、テレビのリモコンとって」

「どれ、何が見たいんじゃ」

 

年寄りを動かして、自分は寝そべり

録画のM-1グランプリを見る

お笑いが大好きだ

 

明日、タク君をどうやって笑わそうか

思案に暮れる

 何事もてっぺんをめざす

 

「輝星、外でるか、キャッチボールするぞ」

起き上がり、慌てて父さんの後ろを追いかける

 

父さんに誘われて始めたキャッチボールが

痛快に楽しい

 

グラブにボールが入り込む音にシビレル

父さんのグラブめがけて投げるんだけど

届かないのがくやしい

 

いつか思い通りに球を操れたらなと

熱中してしまう

 

父さんが仕事で相手してくれない日は

隣家の塀で投球練習をする

 

スポーツ少年団「天王 ヴィクトーズ」に入り

本格的に野球に取り込むようになった

 

ーーーー

 

「輝星、腕だけで投げたら肩こわすぞ

身体全体使うんだ、下半身を鍛えろ」

 

父さんのアドバイスを受け、ランニングに

力を入れるようになった

 

ただ犬や夜道は苦手なので、じいちゃんが後ろから

自転車でついてまわる

 

じいちゃんは晩酌してゆっくり過ごしたいのだけど

ばあちゃんに叱られるので仕方なしに付きあっている

 

 

じいちゃんが風呂に入っていると

輝星が顔をのぞかせる

唇になぜかケチャップをたっぷり塗っている

 

「じいちゃん、俺、野球でてっぺん取りに行くワ」

孫と同じく息子もこんな事言ってたなと爺さんは思った

 

輝星がしゃがみ、じいちゃんの背中を洗い始める

 

「甲子園にでて優勝するから」

「でっかい夢やな」

「まじ本気」

 

洗い流した背中にチューをして

笑顔で立ち去る輝星

 

「志は高いけど、お前、そのイタズラ癖どうにかせぇ!」

風呂場からじいさんの声が聞こえる

 

 

 

数年後、本当に甲子園に出場し

衝撃と感動を人々に与えるなんて

じいちゃんは想像もしていなかった

 

 

f:id:s-dai101030:20181124155421j:plain

 

 

 

  そして

輝星が動くと

億単位の金が動く

 

そんな日が来るなんて

誰も知らなかった今年の夏

 

f:id:s-dai101030:20181123211944j:plain

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紫のキャリーバック<命名編>

f:id:s-dai101030:20181123104617j:plain

赤ちゃんの小さな手のひらに

指を入れると

ぎゅっと握ってくる

 

「まゆみちゃん、こいついっちょまいに

爪があるぞ」

 

産科病棟の一室

マー君が赤ちゃんの鼻をのぞいたり

足を持ち上げたり、薄い毛を撫でたりしている

 

マー君、抱いてみれば?

父親になった実感がもっとわくよ」

「こんなちっせえの抱けないよ

こわれたらどうするんだ」

 

「退院したら、赤ちゃんのお風呂係はマー君だよ」

「無理だ、3年まってくれ

そのうち慣れるから」

 

「じゃオムツ変えてくれるくれる?

一緒に練習したよね、人形使って」

「人形と赤ちゃんじゃ違うよ

足はずれたらどうするんだ」

 

助産師歴34年の江田さんが部屋にやって来た

 

「今日は赤ちゃんのお風呂は新米お父さんに

やってもらいますね、はい、準備」

 

まゆみちゃんが手際よく、着替えの肌着や

バスタオル、ガーゼハンカチを並べ始める

 

「江田さん、俺、ちょっと肩こわしていて

調子悪いんで・・・・」

「大丈夫よ、そばで教えてあげるわよ

何事も実践よ」

 

ベビーバスのお湯をはる

温度計を入れて、適温に調整する

タオルをかけて赤ちゃんの足から先にお湯につける

顔をガーゼでふく

頭、首、お腹、足を洗う

 

次はひっくり返して背中を洗う段取りだ

「俺、初心者だから今日はここまででイイっす」

 

赤ちゃんの身体の向きを怖くて変えられない

すべり落としそうだ

 

笑いながら江田助産師が赤ちゃんの向きを変える

 

マー君の手に何かが触れて、落ちた

「え、え、江田さん!、なんかとれた!

赤ちゃんの指かな?、大変だ!」

 

江田さんが手をいれて落ちたものをひらいあげる

「へその緒だね、こりゃ」

 

「大丈夫ですか?、血でてませんか!」

「怪我してるわけじゃないの

時期がきてとれるものなの

退院する時、箱に入れてわたすからね」

 

マー君は緊張していて

汗だらけになっている

横で見学していたまゆみちゃんが笑う

 

お風呂からあがった赤ちゃんは

まゆみちゃんに抱かれ

おっぱいを飲み始める

 

抱いていると

赤ちゃんの鼓動が伝わってきて

まゆみちゃんは幸せを感じる

 

マー君、赤ちゃんの名前どうする?」

「そうだな、こうせいってどうかな?」

 

「柔道の井上康生だね?、マー君ファンだから」

「強く逞しく育って欲しいんだ」

 

「良いね」

「てっぺんとる子になって欲しいな」

「期待でかすぎ、普通で良いよ」

 

「いつも楽しく、輝いている子になって欲しい」

「重たいよ、お菓子食べる?」

 

まゆみちゃんが袋からだしてきたのは

ベビーーラーメン

 

お好み焼きに入れると美味い

まゆみちゃんの好物だ

塩分が多いので妊娠中は控えていた

 

ポリポリとほうばるまゆみちゃん

マー君はひらめいた

「決まった、輝く星だ」

 

その時、赤ちゃんが右手を宙に上げた

シャキーン

 

 

a href="//www.blogmura.com/ranking.html">ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紫のキャリーバック<誕生編>

f:id:s-dai101030:20181122193727j:plain

1月12日

 

まゆみちゃんは市内にある総合病院の産科病棟で

夜明けをむかえた

 

昨晩から始まった陣痛で一睡もできなかった

 

出産予定日よりちょっと早い

赤ちゃんはお母さんに早く会いたいようだ

 

ドアを叩く音がする

「おはよ、どうかな?、陣痛の間隔」

ベテラン助産師の江田さんだ

 

妊婦健診の時からずっと江田さんが

まゆみちゃんの担当だ

 

4人の子持ちの江田さんは実体験を加えて

指導してくれるので、説明がわかりやすい

 

出産時の呼吸方法も会得した

赤ちゃんの抱き方やおっぱいの吸わせ方

オムツの当て方など人形を使って

教えて貰った

 

 

妊娠6ヶ月のエコー検査で、産科医の仲居先生が言った

「チンチンがついとる、男の子だね

わしの診たては当たるよ、打率7割じゃ」

 

帰ってマー君に報告すると

飛び上がって喜んでいた

 

マー君は野球が好きだから、きっと息子と

キャッチボールしたいんだね

そうまゆみちゃんは思った

 

まゆみちゃんは男の子でも女の子でも

どちらでもかまわない

無事に生まれて、健康であればそれで良い

 

ベッドサイドの椅子に座り、うたた寝していた

マー君が目を開ける

 

江田さんを見て、慌てて立ち上がる

「えっ、江田さん、はよござーす」

 

「おはようございます。初産は生まれるまでに

時間がかかるの、体力勝負よ」

「そっすか、まゆみちゃんなんか食うか?」

 

陣痛間隔が3分おきになったら分娩室に移動すると

言って江田助産師は出て行った

 

マー君、おにぎり食べたいな

それとチョコバナナも」

 

マー君とまゆみちゃんの両親がやって来て

個室はにぎやかになった

 

陣痛が3分間隔になってきたのは午後一時過ぎ

 

マー君は腰が痛いとまゆみちゃんが言うので

ここ?、こんくらい?と聞きながら

腰をさすっていた

 

母親たちは呑気に世間話をしている

親父たちは部屋を出たり入ったり落ち着かない

 

江田助産師さんに付き添われて

まゆみちゃんとまゆみちゃんのお母さんが

分娩室に入って行く

 

「俺は?、俺はどうしたらいい、まゆみちゃん」

「生まれたらビデオまわして

じゃ、行ってくるね」

 

マー君はドキドキした

これから起こるドラマチックな出来事に

立っているだけで精一杯だった

 

「無事に生まれてくれ、頼む!」

心の中で祈った

 

分娩室から時々、まゆみちゃんの声がもれてくる

 

「頑張れ、まゆみちゃん!」

マー君はまゆみちゃんが愛しくてたまらない

 

男は役立たずだ

 

助産師の江田さんがドアから顔をだす

「もうすぐですよ、今、頭が見えてきたところ

お父さん、ビデオ持って中に入って来て」

 

お父さんと呼ばれ、マー君は止まってしまった

 

分娩台のまゆみちゃんの額は汗で濡れている

お母さんがまゆみちゃんの耳元でささやく

「大丈夫、大丈夫、もう少しだよ」

 

江田助産師が声かける

「いい、次の痛みがきたらいきむんだよ」

 

うなづくまゆみちゃん

 

陣痛の波が押し寄せる

まゆみちゃんがいきむ

 

するすると回転しながら出てくる赤ちゃんの頭

 

それに手を合わせて小さな体を受け止める江田さん

 

赤ちゃんは抱き抱えられながら

空中に上がる

 

おぎゃと声を発する

 

慌ててビデオ撮影するマー君

 

赤ちゃんの泣き声が分娩室に響きわたる

「おめでとうございます

男の子です」

 

江田さんがそう言って赤ちゃんをまゆみちゃんの

胸に置く

 

「初めまして、こんにちわ

お母さんだよ」

 

赤ちゃんはまゆみちゃんに抱かれると

泣くのをやめた

 

小さい指がまゆみちゃんの顔に当たる

 

産科医仲居先生がまゆみちゃんと赤ちゃんをつなぐ

へその緒をはさみで切る

 

シャキーン

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ